ギブソン レスポールスペシャルの特徴と音!使用アーティストまとめ

レスポールスペシャル・ダブルカッタウェイ

どうも、指1ギター管理人です。

この記事ではギブソン社のスチューデントモデル(廉価版)である、レスポール・スペシャルについて深堀りしてまとめてみました。

レスポールスペシャルと言えば、原型ともなったモデルであるレスポール・ジュニアとのスペックや音の違いについても解説します。

レスポールファミリーの中では特にシンプルで飾りっ気の無い無骨なルックスで数多くのアーティスト(ギタリスト)からも人気の高い、レスポールスペシャルの魅力について深く見ていきましょう。

この記事を見ると分かることは以下の目次を参考にどうぞ!



レスポールスペシャル、音の特徴はP-90?

 

レスポールといえば、レスポールスタンダードを思い浮かべる人も多いと思いますが、レスポールスペシャルとの違いからレスポールスペシャルの特徴について見ていきましょう。

 

レスポール・スタンダードレスポール・スペシャル
ネック材マホガニーマホガニー
指板ローズウッドローズウッド
ポジションマークブロックインレイドット
ボディ材メイプルトップ
マホガニーバック
マホガニー
トップ処理アーチトップフラットトップ
装飾バインディングありバインディングは指板のみ
ジョイントセットネックセットネック
ブリッジチューンオーマティックストップバーテイルピース
(スタッドブリッジ)
ピックアップハムバッカー x 2P-90 x 2
コントロール2ボリューム・2トーン
3ウェイトグルスイッチ
2ボリューム・2トーン
3ウェイトグルスイッチ

 

元々、レスポール・スタンダオードのスチューデントモデルとして売り出されたレスポール・スペシャルは、バインディングやトップ材のメイプルなど装飾的な部分を削ぎ落とした仕様となっています。

レスポール・スペシャルが開発された当時はスチューデントモデルとして低価格で販売するために、

 

  • ネックとボディバインディングの排除
  • トップ材なし
  • トップのアーチ加工も排除

 

職人技のメイプル材とマホガニー材の貼り合わせをなくし、バインディングやアーチトップ加工の装飾的な部分をなくすなどの、コストダウンの為の工夫を企業努力で成し遂げています。

 

レスポール・スタンダードとレスポール・スペシャルの音に影響を与えるであろう部分の、最も大きな違いは以下です。

 

  • トップ材(メイプル)の有無
  • ブリッジ
  • ピックアップ

 

トップのメイプル材がなくなったことで、コストダウンにも成功しましたが、最も厚みのある部分で55ミリ以上のレスポールスタンダードと比較すると、レスポール・スペシャルの厚みは1-3/4インチ(44.45mm)となっています。

実は、このマホガニー材はレスポール・スタンダードやカスタムなど、トップ材を張り合わせる前のバック材のマホガニーをボディとして使っているんですよ。

材がマホガニーのみになったことや、厚みが変わったことによる音への影響は多いにあるでしょうね。

また、現代ではレスポールのブリッジといえば、1955年あたりから搭載されているチューンオーマティックブリッジですが、レスポール・スペシャルにはストップバーテイルピースが採用されています。

ストップバーテイルピースのシンプルな作りと、力強い鳴りとサスティーンは一部のファンには人気が高いですね。

レスポールスペシャルの最も大きな特徴は、ギブソン流シングルコイルピックアップのP-90が搭載されていることだと管理人は考えています。

ギブソンのハムバッカーとも、フェンダーのシングルコイルとも一味違った粘りのある中域とパワフルでガッツのあるサウンドはP-90ピックアップは一度体験してみると良いですよ。

 

 



レスポールスペシャル 、レスポール・ジュニアの違い!

 

 

1954年のレスポールジュニアの誕生に続き1955年には、P-90が2つ搭載されたモデルである「レスポール・スペシャル」が発表されます。

この辺りの流れもフェンダー社のエスクワイアの発表後に、2ピックアップ仕様のテレキャスターが発表されたのと良く似ていますね。

レスポールスペシャルとジュニアに木工的な部分で、スペックの違いは無いのですが、以下の違いがありますよ。

 

  • 白蝶貝のドットインレイ
  • トラスロッドカバーをオシャレな白黒の2プライ製
  • ピックガードはセルロイド4プライ製
  • フィンガーボードにバインディング

 

レスポール・ジュニアと比較するとギブソンらしいゴージャスな雰囲気が、ほんの少しですが加味されています。

塗装に関してもジュニアが、伝統的なサンバーストフィニッシュが標準採用されたのに対し、鮮やかでキュートなイエローカラーのライムド・マホガニーフィニッシュが標準採用されました。

さすがにこれらの装飾がサウンドに与える影響は、ほとんど無いと思われます。

ただし、フロントピックアップを搭載したことで、コントロール部には3Wayトグルスイッチがと2ボリューム、2トーンへと増設される事によって、サウンドバリエーションの広がりました。

また、ピックアップカバーは端が3角っぽいドッグイヤータイプでは無く、四角いソープバータイプへと変更されます。

歪ませてもキレの良さを残るリア単体の無骨でストレートなサウンドが魅力のジュニアでしたが、フロントピックアップの増設によって、ファンキーでシャープなサウンドのミドルポジションやギブソン特有の暖かいサウンドを併せ持つフロントは、やろうと思えばジャズ系のアプローチの音作りまで可能で、とても幅広い音作りが可能となりました。

 

ジュニアはどちらかと言えば、ロックプレイヤーに好まれましたが、スペシャルはギターを弾きながら歌うシンガーソングライターや

ジャズ・フュージョン系のギタリストからも愛用された事を考えるとシンプルな構造ながら、実はかなり懐の深いギターだと実感させられますね!

 

ジュニアの方がストレートな音がすると言う意見が散見されますが、これは恐らくフロントピックアップのザグリ分で失った木部または、トグルスイッチとコントロール系増設による配線の引き回しによるものと考えられますが、レスポールとストラト位に構造の違いがある訳でも無いので演奏者にしか分からない微々たる差である場合がほとんどだと思います。

 

 

↑は1955年製のレスポールスペシャルのPR動画です。リア一発の仕様とはうってかわりギブソンのコンボタイプのアンプを使っていますが、攻撃的なサウンドのリアは健在ながらも、マイルドなサウンドまで幅広い音作りが可能な事が分かります。センターポジションでのウーマントーンも絶品ですね!

 



ヴィンテージ・レスポールスペシャルの年代別の特徴!

 

レスポールスペシャル dc(ダブルカッタウェイ)の登場!

 

前述の通り、1955年にギブソン社から発売されたレスポールスペシャルですが、1957年の途中からレスポール・ジュニアと共に、リアピックアップの位置が、ほんの数ミリですが、ネック側に寄せられている個体が見られます。

次の年である、1958年の中盤からレスポールスペシャルはジュニアと共に、シングルカッタウェイからより演奏性の高いダブルカッタウェイへと変更されます。

これもフェンダー社よりテレキャスターの上位モデルとして、発表されたストラトキャスターに影響を受けたとも言われていますが、恐らく機材の進歩によりリード・ギターでハイポジションを使う事が増えたプレイヤーサイドからの時代背景による要望に各メーカーが応えたと考える方が自然かも知れません。

ストラトキャスターと比較するとネック部分が完全にボディーから離れていることから、更にハイポジションでの快適な演奏性が確保されたと考えられますが、

大胆なカッタウェイの構造によるネックのジョイント部の強度に、不安が残らない為にディープジョイントよりも深めで接地面積を稼ぐ工夫が施されているそうです。

一般的に個体差を無視した場合には、同じ構造のギターであればシングルカッタウェイの方がネックからの鳴りをボディーにしっかりと伝えると考えられ、特に中低音が豊かな傾向にあると考えられています。

一方、ダブルカッタウェイは抜けの良いサウンド傾向になると考えられています

ピックアップの位置がネック側に移動すれば、低音が豊かなあたたかい音になる傾向にあるので、もしかしたら、1958年以降のダブルカッタウェイに移行してもピックアップの位置を変えなかったのは、この辺りの木工の変化によるサウンドの違いからバランスを取ったのか?と想像するのは邪推かも知れませんね。。。

とは言え、ダブルカッタウェイだからと言って極端にトレブリーで使えない音だと言う評価も、あまり聞きません。

また、無くなった分の木の重量が減る事から、より軽量になり取り回しは良くなりますが、ギターを構えた時のバランスも微妙に変わってしまうので、ある意味で演奏性は大きく変わったと感じるプレイヤーも居る様です。

他にはフロントピックアップ搭載のスペシャルに関して、1959年の終盤辺りからフロントピックアップの位置が若干、リア側へと移動しネックとフロントピックアップの間がピックガードに囲まれる仕様へと変更します。

ダブルカッタウェイのレスポールスペシャルは、このまま1961年まで製造されますが、他のレスポールファミリーと同様の様に年代が進む毎にネックのシェイプはスリムな形状へとなっていきます。

1961年以降はSGシェイプのSGスペシャルに引き継がれ1963年の生産中止まで製造された事になります。

 

↑は1960年製のレスポールスペシャル・ダブルカッタウェイです。やはり、フロントピックアップが足されるだけで多彩な印象になりますね!特にクリーンを多用したいならレスポールスペシャルの方が向いている気がしますね!

 

TVモデルとは?カラーバリエーションの変換!

 

TVモデルとは、クリーム色がかった黄色のカラーリングで塗装されたレスポール・ジュニアの色違いのモデルを指します。

TVカラーまたはTVイエローと呼ばれる事が多いのですが、何がTVなのか名称の由来を言いますと、今でこそテレビではハイヴィジョンとか4Kといったフルカラーで質の高い映像を見ることが可能なのですが、当時の通信環境では白黒(モノクロ)放送がスタンダードでした。

現代からは想像出来ない事ですが、この環境だと純粋な白だと映像に不具合が起こる事が多く、TV放送された時にキレイなホワイトカラーに見え為に開発されたのが、やや黄色味がかった、このTVイエローだと言われています。

実はこの、新色なのですがレギュラーラインのブラックサンバーストと違って若干、手間のかかる塗装なんです。

なぜならジュニア・スペシャル共に採用されている木材である、マホガニーは基本的に赤みが強い茶色です。

TVモデルは、このマホガニー色の持ち味を活かせないからと言って、黄色で塗りつぶした訳では無く木目が薄っすらながら透けた形でのイエローカラーとなっています。

これには下地にホワイトシーラーと呼ばれる白っぽい塗装を施した上に目止めする事でアッシュ材の様に白っぽい木材のシースルー塗装に見える様に処理しています。

この下処理の上にイエローとクリアを吹くことで、あの鮮やかなTVイエローが完成する訳です。

なぜここまで手の混んだ塗装をするかと言えば前述のTV映えはもちろんですが恐らく、ライバル企業であるフェンダー社のバタースコッチブロンド塗装が施されたテレキャスターが市場で受け入れられていて、その売れ行きの良さに目をつけ、そこに便乗または対抗したのでは?とも考えられます。

シンプルな構造と言いカラーリングと言いフェンダーのテレキャスターと本当に類似する点が多いギターと言えるでしょう。

レスポールジュニアの場合は基本カラーがブラックサンバーストで同スペックながら、TVモデルとされる機種にこのカラーリングが施されていますが、レスポールスペシャルに関してはTVイエローが標準カラーとなっています。

また、その後リニューアルしたダブルカッタウェイモデルには、マホガニーの雰囲気にマッチしたチェリーレッドカラーがジュニアのレギュラーカラーとなりますが、

TVモデルとしてイエローカラーが、スペシャルは引き続きTVイエローがレギュラーカラーとなりオプションとしてチェリーレッドを選択する事も可能になります。

また、TVイエローカラーはライムド・マホガニーとも呼ばれていますが、これはライム=石灰を意味し目止めに石灰を使ったのでは?という説もあるそうです。

更に上からイエローカラーとクリアを重ねる事で作られたTVモデルのカラはTVイエロー又はライムド・マホガニーと呼ばれています。

 

レスポールスペシャルの弱点と改善法!

 

オクターブピッチが合わない!

レスポールスペシャルの弱点と言われているのは、ブリッジの構造によるオクターブピッチの調整の甘さだと言われています。

そもそも、レスポールモデルは1から6弦の何れかまたは複数がずれて聞こえるなどの不満があったプレイヤーの解決策としてチューン・オー・マティックブリッジが導入されました。

レスポールスペシャルの場合は低コスト品だった為に、そのままストップバーテイルピースが採用され続けたという経緯がありますが、プロギタリストにも人気が高かった為にステージでもレコーディングでも使える仕様として、バダスのブリッジが使われる事が多かったんです。

チューンオーマティックの様に大掛かりな木工工事もなく取り付けられる事が多く、人気の改造方法です。

古くはローリング・ストーンズのキース・リチャーズ氏のジュニアや最近のアーティストであればバンプ・オブ・チキンの藤原基央氏のスペシャルもバダスブリッジに交換されています。

また、近年であれば、バダスに限らず同じ様な形状で他社メーカーも創意工夫を凝らしたブリッジが発売されているので、自分のギターにマッチするパーツをゲットすると良いでしょう!

弦高調整に関してはテイルピースの高さの調整は可能ですがストラトキャスター等の様に各弦の個別調整は出来ないのです。

現在では幾つかのメーカーからバダスブリッジが発売されています。国産のギターの場合は特に自分のギターにサイズが合うか確認しましょう!

 

⇒激安のバダスブリッジはココ!

ノイズやハウリングが酷い!

 

 

レスポールスペシャルに搭載されている「P-90」ピックアップは基本的にシングルコイルなので、深く歪ませるとノイズやハウリングが酷くなる事もあります。

例えばP-90でヘビーメタルサウンドと言うのは出来ない事は無いかも知れないですが、簡単な音作りでは無いでしょう!

恐らくですが、時代と共にハードな音楽を好むプレイヤーの声を受けギブソン社からは「P-100」と言うピックアップを搭載したモデルを販売している時期がありました。

P-100はシングルコイルを縦に2つ積んだスタックタイプのピックアップなのでハムノイズ対策には大きな威力を発揮しましたが、元々のP-90サウンドとはかけ離れてしまい、それほど人気が高くは無かった様です。

管理人もP-100搭載のジュニアを弾いた事がありますが、フルサイズハムほど太いわけでは無いのですが、P-90特有のバイト感は薄く感じた記憶があります。

P-90のサウンドが気に入った人には、あまり魅力が感じないのでは?と言う印象を持ちました。

また、現代であれば、P-90サイズでハムバッカーに近いサウンドを狙ったモデルも幾つかリプレイスメントピックアップメーカーから販売されているので、そちらがオススメだと思います。

 

レスポールスペシャル愛用の海外アーティスト

 

海外のレスポールスペシャルをメインまたは
度々使っているアーティストをまとめてみました。
意外と幅広いジャンルに愛用されているのが分かると思います。

 

ボブ・マーリー

ボブ・マーリー レスポールスペシャル
Photo by Eddie Mallin

レゲエの神とも言われているジャマイカの音楽家「ボブ・マーリー」氏は
レスポール・スペシャルを愛用していた
最も有名なアーティストでは無いでしょうか?

ギタリストとしてと言うよりもメッセージ性の強い歌詞と
ソウルフルな歌声を持つヴォーカリストとして、
独特のグルーヴ感のレゲエサウンドを世界に知らしめた
カリスマ的ミュージシャンです。

軽やかながらもあたたかみのあるP-90サウンドの
カッティングサウンドはボブ・マーリー氏の
トレードマークとも言えるでしょう。

ボブ・マーリー氏のレスポールスペシャルは一説によれば
1950年代のリアルヴィンテージと言われていますが、
大きな改造が施されています。

ぱっと見て分かるのは3Wayトグルスイッチの固定板が、
通常より大型のモノに交換されストップバー・テイルピースでは
無くチューン・オー・マティックへと変更されています。

また、木部もネックがレスポールカスタムのネックへと
交換されているそうです。

フェンダーの様にボルトオンでは無くセットネック構造なので、
かなり大掛かりな改造と言えます。

他にもボディーのカラーがこの年代では、
あり得ないカラーリングである事から恐らくネックと共に
リフィニッシュされたのでは?と言う説が有力です。

ジミ・ヘンドリックス

ジミ・ヘンドリックス(レスポールスペシャル)

ストラトキャスターによる激しいアーミングと過激なファズサウンドが
トレードマークの「ジミ・ヘンドリックス」氏ですが、
実はギブソンギターを抱える動画や画像も割と散見されレスポールスペシャルを
演奏している画像もありました。

ジミが現役の頃には、メーカーが新製品をバンバン開発し発売していた
時代でもあり、もしかしたら、先進的なプレイスタイルのジミに
ギターを試して欲しいと思うメーカーも多かったのでは?

↑ステージでのレスポールスペシャルを演奏している
ジミの映像は発見出来なかったですが、レスポール・カスタムを
演奏するジミの映像がありました。

ロン・ウッド

ローリングストーンズやフェイゼスのギタリストとして有名な「ロン・ウッド」氏も
レスポールスペシャルを愛用しています。

男臭いブリティッシュ・ロックサウンドがトレードマークのロン・ウッド氏ですが、
リアルヴィンテージのストラトキャスターやテレキャスターなど
王道ギターも使う一方でゼマティスのディスクフロントや
ギブソンファイヤーバードなど様々なギターを使いこなします。

ラリー・カールトン

ジャズ・フュージョン系のギタリストで「ミスター335」とも呼ばれるほど、
ギブソンのES-335がトレードマークのラリー・カールトンも実は
レスポールスペシャルを使っている時期があった様です。

クリアながらも、ある意味でマイルドなセミアコの様な
雰囲気を感じるのはミスター335の音作りとテクニックが
為せる技なのかも知れませんが、

どちらかと言えばギターボーカルやテクニカルでは
無いプレイヤーが愛用しクランチ気味のサウンドをかき鳴らしている
印象の強いレスポールジュニアやスペシャルですが、

様々なプレイスタイルに対応可能な素体の持つ
ポテンシャルの高さが分かる映像だと思います。

記憶は曖昧ですが、何かのインタビューで語っていたのは
1957年製のオールドレスポールスペシャルを所有していたはずです。

映像を見る限りではブリッジはTP-6ファインチューナーブリッジが
搭載されていますが、
最近は通常のチューン・オー・マティックへと
改造されている様です。

↑はラリー・カールトンが所有機材を紹介している映像です。

 

レスポールスペシャル使用の日本人ギタリスト

 

ここからは、日本人アーティストのレスポールスペシャル使いをまとめていこうと思います。
国内アーティストでは圧倒的にシンガーに多い印象です。

藤原基央(バンプ・オブ・チキン)

J-ROCKバンド「バンプ・オブ・チキン」のシンガーソングライターであり
ギタリストでもある「藤原基央」氏はシングルカッタウェイのレスポールスペシャルを
メインギターに長年愛用しています。

TVイエローカラーをレスポールスペシャルを持つ姿が印象的ですね。
1957年のリアル・ヴィンテージとギブソンカスタムショップ・ヒストリックコレクションの
1960レスポールスペシャルを所有している様ですが、

バダスブリッジへの交換・コンデンサーの交換・3Wayトグルスイッチのスイッチノブを
黒に交換と拘りの改造が施されています。

確か藤原氏のインタビューでは、中途半端なギターだからこそ
個性が出せるギターと評価していました。

また、ヒスコレは全く同じスペックのものを3本所有しているそうですが、
聴いている人には誤差レベルながら弾き手側には分かる大きな違いがあるとも
述べていました。

レコーディングでは様々なギターを使い分け音への
拘りも強い職人気質なところもあるらしく、
王道のJロックサウンドながらアンサンブルを大切にした音作りを
している印象です。

レスポールスペシャルを使った有名人

奥田民生

みーこさん(@mi_ko_may12)がシェアした投稿

ご存知、ユニコーンのギターボーカルとして、
今では音楽プロデューサーや楽曲提供などでも活躍する「奥田民生」氏ですが、

1959年製のオリジナルバーストや
1952年製のフェンダー・テレキャスターなどを所有する自他ともに認める
ヴィンテージギターマニアとしても知られています。

レスポールスペシャルに関しては1957年製のTVイエローを所有していますが、
画像の2003年製のビグスビー搭載のギブソン・カスタムショップ製のモデルと同スペックのギターが
シグネイチャーモデルとして

「Gibson Custom Shop The INSPIRED BY Series Okuda Tamio Les Paul OT Special」の名で
販売されています。

ギブソン・カスタムショップからシグネイチャーモデルを出された
初の日本人ギタリストとなっている様です。

インパクト大のビグスビーですが、TVホワイトカラーが採用されている点でも
非常に個性的なギターと言えるでしょう!

山口隆(サンボマスター)

サンボマスターのギターボーカル「山口隆」氏もレスポールスペシャルの愛用者です。
藤原基央氏と同様にヒスコレの1960モデルと
レスポールジュニア・スペシャル・フェイデッドも所有しています。

このモデルの最も大きな特徴はストップバーテイルピースでは無く
チューン・オー・マティックブリッジが採用され
コンター加工 1960スリムテーパーネックの採用で演奏性の面でも
アップデートが施されています。

山口氏の様なエモーショナルで直情的な訴えかけるスタイルのシンガーには、
シンプルな構造で弾き手のニュアンスをしっかりと伝える
レスポールスペシャルはピッタリなモデルだと言えるでしょう。

後藤正文(アジアンカンフージェネレーション)

チルさん(@chill__chi)がシェアした投稿

アジアンカンフージェネレーションのギターボーカルである「後藤正文」氏も
ギブソンレスポールジュニアと共にスペシャルを愛用しています。

スペシャル使いのギターボーカルはシングルカッタウェイが多数派な印象ですが
ジュニアと共にダブルカッタウェイを長年使っている様です。

渡辺香津美

国内屈指のテクニックを誇る
ジャズ・フュージョン系ギタリスト「渡辺香津美」氏と言えば、

PRSのプライベートストックや国内外のハイエンドギターや
ヴィンテージギターを使いこなし様々なサウンドを生み出し続けている
至高のギタリストの一人とも言える存在ですが、
実はヴィンテージのレスポールスペシャルも所有している様です。

前述のラリー・カールトン氏もステージで使うこともあった事から
ジャズ・フュージョン系ギタリストの心をくすぐる何かがあるのかも知れませんね。

ちなみにブリッジとペグは交換されセッションでもバンバン弾き倒しているそうです(笑)
渡辺氏のフルアコの様な鳴りをしているとコメントしていた様です。

 

ギブソン・レスポールスペシャルはジュニアと同様に
シンプルながら2ピックアップの仕様によって
「P-90」のサウンドバリエーションを更に広げたモデルですが、
愛用するアーティストも実にバラエディーが富んでいますね!

管理人個人的には誕生の経緯や構造など
テレキャスターに非常に似た印象を持つギターでありますが、
テレキャスターの直線的でウッディーな鳴りが好きだけど、

フェンダー特有のトレブリーなサウンドは苦手だけど、
ハムバッカーは太すぎると感じる人にオススメのギターだと思います。

 

まとめ

 

如何でしたでしょうか?

足早ながらギブソンのスチューデントモデル、レスポールスペシャルの歴史を辿ってみました。

管理人は、レスポール・スペシャルを所有した事は無いのですが幾度となく触る機会のあったギターですし、お仕事で使ったことはあるギターですね。

レスポールスペシャルはジュニアと比較すると、かなり幅広いサウンドバリエーションを持ちますが、最も個性的なのがセンターポジションでのクリーン~クランチを使った
カッティングサウンドだと思います。

もちろん、リードプレイでも様々な表情を見せてくれるギターなので、ギターボーカルに関わらずメインギターとして使えるポテンシャルは持っているギターだと思います。

このギターが好きになれるかどうかは、P-90の個性的なサウンドと飾りっ気の無いマホガニーの鳴りが気にいるかどうかでしょうね!

管理人にとっては、メインギターとしては若干、物足りなさを感じるギターではあるのですが、ココはレスポール・スペシャルがマッチするかも!って思えるポイントが確かにある、たまに手に取りたくなるギターだと感じています。

この記事が、あなたのギター選びの助けになれば幸いです!

 

レスポールの種類による違いをまとめた記事もご興味あれば併せてどうぞ!

ギブソン・レスポールの種類と選び方!音の特徴や違いを比較!