レスポールカスタム

どうも、指1ギター管理人です。

今回は管理人も過去に所有していた、
レスポールカスタムの年代別スペックや音の
違いを解説していこうと思います。

ギブソン・レスポールカスタム年代別の特徴!

1954年以降

レスポール・スタンダード(バースト期)より先駆けて、
1954年にレスポール・モデル(ゴールド・トップ期)の上位機種として
発売されたのが「レスポール・カスタム」です。

主なスペックとしては、

ボディワンピースマホガニー
ネックマホガニー&エボニー指板
ネックジョイント角度3度
ペグクルーソン501VX (パーロイド製ボタン)
ブリッジチューン・オー・マティック(ABR-1)
ピックアップリア-P-90 フロント-アルニコⅤ
コントロール3Wayトグルスイッチ、2Volume、2Tone

まずはレスポールと大きく違うシックなルックスが目を引くと思いますが
「ブラックビューティー」と呼ばれる
エボニーカラーのフニッシュは黒のラッカー塗装が施されています。

クールなブラックカラーに合わせて
黒いピックアップカバーが選択されギブソンのお家芸でもある
伝統のアーチトップ形状となっています。

ネック・ボディー共に白と黒のコントラストが
ゴージャスな印象の積層バインディング仕様で金属パーツには
渋いゴールドパーツを採用することで
非常にメリハリのきいた精悍な佇まいを備えています。

また、指板のポジションマークは
通常のレスポールの台形のディッシュインレイでは無く
四角いブロックインレイが採用されヘッドとも共に
白蝶貝による装飾性の高いスプリット・ダイアモンド・インレイと
優美な印象を与えますね。

レスポール氏が、このモデルで黒に拘った理由として
ライブなどのステージ上で「プレイヤーの手の動きが見やすくなる!」と
ステージ映えを考慮した
様です。

更に、ギブソン社の開発者達が黒に拘ったのは、
当時ジャズマンはタキシードスーツに身を包んでギターをプレイすることが多く、
彼らにマッチするルックスとして選ばれたのでは?
との説が有力だと言われています。



ギターの操作性にも関わるフレットにも大きな特徴をもっており
「フレットレス・ワンダー」と呼ばれる
低くスリムな形状のフレットが打ち込まれています。

これは当時、人気の高かったジャズにも多用される
スライドや滑らかなフィンガリングを可能にする為と言われていますが、
その名の通りフレットレス・ギターを彷彿とさせる触り心地と言われています。

ただ、チョーキングを多用するロックギタリストには、
やや弾きにくいと感じる事が多いとも言われています。

ブリッジに関しては、ギブソン社の当時の社長であった
テッド・マッカーティ氏の開発で今では
レスポール全般にお馴染みのチューン・オー・マティックと
スタッド・ブリッジテールによる組み合わせが採用されています。

ちなみにこのタイプのブリッジはゴールドトップや
バーストに先立ってレスポール・ファミリーの中では
カスタムにいち早く採用されています。

ただ、例外としてストップ・バーテイルピースブリッジが
搭載されているモデルもある様です。

ピックアップに関しては
ウォルター・フラー氏のよって開発された
シングルコイルピックアップ「P-90」がリアに搭載され、

フロントに搭載されたのは
セス・ラバー氏がデザインした今となっては
レアなモデルとなってしまったアルニコⅤと呼ばれる
「P-480」と言うモデルです。

このP-480に関してはグレッチのディアルモンド・ピックアップの構造を参考にして
開発されたという説もある様でギブソン社の中でも
製作コストが高くつくことから、ハイクラスラインのみに
搭載されていたモデルです。

レスポール・スタンダードとは違いオールマホガニーボディーの
この年代のカスタムは軽やかな立ち上がりで暖かいサウンドが特徴ですが、
シングルコイル特有の音抜けの良さが魅力
と言われています。

また、P-480はP-90と比較すると更にファットながら
クリアで味のあるサウンドと評価される事が多い様です。

このタイプのレスポール・カスタムは1957年の途中まで
製造されることになります。

シリアルナンバーは、

1954年制なら「4 ○○○○」または「4○○○○○」
1955年製なら「5 ○○○○」または「5○○○○○」
1956年制なら「6 ○○○○」または「6○○○○○」となります。

↑1955年製のオリジナルのレスポール・カスタム試奏動画です。メイプルトップのレスポールとは一味違ったあたたかいサウンドが印象的ですね!

1957年以降

1957年からはピックアップがゴールド・カバーの
ハムバッカー「PU-490」が何と3つ搭載された
ド派手な見た目へのモデルへと産まれ変わります。

1957年からはレスポールモデルでも、
このピックアップが搭載されることになります。
3Wayトグルスイッチによって、

  • フロント
  • センター&リア(フェイズアウト)
  • リア

の3つから選択することが可能となっています。
2のポジションで選ぶことが出来るフェイズサウンドこそ、
このモデルの大きな音の特徴
で、

位相を逆相にすることで低音域がバサッと無くなり
中高域が強調されたケロケロしたサウンドになります。
このサウンドはフェンダー・ムスタングなどでも有名なサウンドですね。

↑の動画は1960年製のオリジナル・レスポール・カスタムですが、2のポジションの音だけが異彩を放っていますね。

音の特徴としても、レスポール特有のあたたかさを持ちながら
オールマホとは思えないほど抜けが良く所謂PAF(パフ)こと「PU-490」ピックアップの
秀逸さが良く分かりますね。

細かなな仕様変更としては1950年末期にはペグが
クルーソン501VXからグローバー102Gの通称ワッフル・バックへと変更されます。

その後、1961年からレスポールモデルは生産終了し
レスポールの名称は現在の「SG」に受け継がれ1963年までSGの形状をした
レスポールと言う名称のギターが生産される事になります。

1968年以降

1968 Les Paul sales sheet
1968年からは一旦生産完了となったレスポールですが、
スタンダートと共にカスタムがギブソンのラインナップに復活します。
これまでのレスポール・カスタムとの大きな変更点として、

ボディーが1ピースのマホガニーだったのが、
1ピース・マホバックにセンター2ピースのメイプルトップを貼った
ボディーに

PU-490をリアとフロントの2つ搭載する
レスポール・スタンダードとそっくりのスペックとなります。

また、この時期のレスポール・スタンダードは
ゴールド・トップ期の1955~56年に生産されていた
P-90搭載のチューン・オー・マティックブリッジのモデルを
リイシューしたものでした。

このことから、ハムバッカーのレスポールサウンドに
拘るギタリストに関しては、
この年代ではカスタムを入手することが多かったと
言われています。

ネックのジョイント角度は3度から5~7度になり、
ヘッド角度も17度だったものが14度に変更され更に、

細かな違いとしてはポーロイド製のペグボタンは
金属製のペグに変更されます。

また、この時期のカスタムは見た目が違うだけで
スタンダードと同じと思われがちですが、
ボディーの厚みが若干足されバースト期のレスポールとも
微妙に違う仕様になっています。

↑の動画は1968年後期のレスポールカスタムのデモ映像です。艶っぽいサウンドながらエボニー指板の影響なのか?PU-490の解像度の高さなのか?抜群の立ち上がりとキレ良さを併せ持つギターだなと思いました。

1969年製

1969年製はパッと見ると変わっていないようですが、
木工の部分に関しては大きく変更が加えられます。

これまでワンピースのマホネックだったものが
耐久性の高い3ピースへと変更され
更にボリュートがつけられた事で強度が増します。

これはネック折れの多いギブソンギターへの
クレーム対策だったと言う説もあるそうです。

ボディーに関してはトップが
センター2ピースメイプルだったものが
3ピースへと変更され、






バックのマホガニー材は所謂「パンケーキ構造」と
2枚のマホ板の間に極薄のメイプル板を挟み込み
接着した材に変更されます。

この木工加工を施すことによって、
ボディー厚みが増したと言われています。

ネックジョイントも、
これまでのロング・テノン(ディープジョイント)から浅めの
トランジション・テノンへと変更されます。

一般的にはロング・テノンの方が
サスティーンが稼げると言われていますが、
管理人のこれまでの経験だと個体差によるところも
多いと考えます。

ロング・テノンの方が高級モデルに
採用されている事が多いですが、
木工に手間がかかるコストが上乗せされているだけなのでは?
と言う声も非常に多いです。

ただ、強度的にはもちろん、
ロング・テノンに軍配があがりますので、
ジョイント方式は音より強度を注目する方が良いかな?
と管理人は考えています。

他にもABR-1ブリッジの載せられていた
サドルの素材がブラスからナイロンへと変更されます。

ヴィンテージ市場や復刻モデルを見る限りでは、
ナイロンサドルはブラスなどの金属素材のサドルへと変更される事が多く、
あまり人気では無さそうですが、

サウンドの傾向としては鋭い立ち上がりがなりを潜め良く言えば優しい
サウンドになると言われています。

最後に細かな見た目の変更として1969のヘッドの
「Gibson」ロゴの「i」の文字の点が消えてしまいます。
この事から1968年製は点があることから
アイ・ドットロゴとも呼ばれている様です。

↑は1969フルオリジナルのカスタムをヴィンテージマーシャルに突っ込んだデモ映像です。

1970年代のレスポールカスタム

実は70年代のヴィンテージ・レスポールとして人気が高いのは
1960年代までと言われています。
現実的にもヴィンテージ市場でも価値は大きく違っています。

ここからはザックリと70年代のレスポールカスタムの
スペック変更を時系列順に解説していきます。

1970年、ピックアップカバーに「GIBSON」の刻印されます。
1970年の変更は見た目のみの変更でしたが、
1974年にピックアップへのパテントナンバーがデカールから
刻印文字に変更されはじめます。

この年代以降は「刻印ナンバードPAF」と呼ばれ一般的には、
ウッディーで自然なギターの鳴りを拾う、これまでのモデルより、
ソリッドでピックアップの特色が良く出たサウンドと言う評価が
多い様に感じました。

この事から更にロックプレイヤーに好まれる様になっていきます。

バリバリのハードロッカーだった、
故ランディ・ローズ氏の愛用していたアイボリーカラー(白)の
レスポールカスタムはマホ3Pネックとパンケーキ構造ボディーな事から
恐らく1974年までのモデルと言う説が有力です。

続いて、1975年にはギター自体の鳴りに大きく関わる
木材の種類が変更されます。

3ピースマホガニーネックから
3Pメイプルネックへと変更されます。

恐らくマホガニーよりも頑丈でネック折れへの対策かと思われますが
一般的にマホガニーより質量も高く硬いメイプルへの変更でサウンド面でも、
これまでのレスポールカスタムとは大きく変わったと言われています。

元々、立ち上がりが早くシャープなサウンドと言われる事が多いカスタムですが、
更にクリアでロングサスティーンを得ることが出来る様になったと
評される事が多い様ですね!

特に、この年代のモデルは深く歪ませたサウンドを好む
ハードロックプレイヤーがあえて愛用する事もあるので決して
人気が無い訳では無かったのですが、

ヴィンテージマニアの間では評価が分かれる仕様となっています。
また、メイプルネック期のカスタムは年を追う毎に
ネックシェイプも薄めの個体が多いと言われ演奏性が高いのも
人気の秘密かも知れませんね!

変わったのは木部だけでは無く、
ブリッジに関してもシャーラー製のナッシュビルタイプの
チューン・オー・マティックへと変更されます。

この変更により、より細かなオクターブピッチの調整が可能になりました。
見た目もABR-1と比較するとスッキリスリムで恐らく
ギブソン的にはアップデートだったと考えて間違い無いでしょう。

現行品でもヴィンテージのリイシューでない
限りはABR-1では無くナッシュビルタイプが採用される事がほとんどです。

他にもフレットレスワンダーからワイドフレットへと
変更されロックを演奏するには更に適した改良が加えられる事になりました。

1977年にはオプションとして
メイプルフィンガーボードも選択可能となります。

エボニー指板とは、違ったルックスとサウンドに拘るファンもいるそうですが、
かなりレアなモデルでしょう。

ザック・ワイルドの所有するカスタムも、このスペックのモノがあるようです。
個人的にはメイプル指板のレスポールはサウンド云々の前にルックス的に
見慣れない事もあり、どうかな?とは思いますが…。

1978年にも新たなオプションとして1957年製で標準のスペックだった、3ピックアップ仕様が復活します。
同年に、パンケーキ構造のボディーバックがワンピースマホガニーへと変更されます。

70年代のレスポールは、とにかく重い印象ですが、
メイプルネックのモデルは更にヘビーなギターが多い印象で
5キロ近くの個体を見かける事も少なくは無いかも知れません。

管理人の所有していたレスポールカスタムはヴィンテージでは無いですが、
4キロ台後半でサウンド的には好みだったのですが
ステージで使う機会が減った事から手放す事になりました…。

最後に、この年代はカラーバリーションが豊富でレスポール・スタンダードでも
お馴染みのチェリーサンバーストやタバコサンバースト、
華やかなホワイトカラーのアイボリー、他にはワインレッドやナチュラル、
ウォルナットなどのカラーがあった様です。

カスタムといえばブラックビューティーの黒の印象がとっても強いですが、
ワインレッドカラーとかも渋くて管理人は好きだったりします(笑)

限定生産品

1973年に1954年の最初期のレスポールカスタムモデルをリイシューが
限定1000本で再生産されます。基本的には同じ仕様ですが
ネックのジョイントはトランジション・テノンが採用されている様です。



80年代から造りの良いヴィンテージギターが注目を集める様になりますが、
メーカーの原点回帰も、そのハシリだったのかも知れないですね!

1974年にレスポールカスタム誕生20周年を記念した
20thアニバーサリーモデルを発売。15フレットに刻印された
20thアニバーサリーインレイが大きな特徴です。

1979年には更にレスポールカスタム 25/50周年記念モデルを発売されます。
このモデルはレスポールカスタム発売25周年と同時に
レスポールの産みの親の一人でもあるレスポール氏のデビュー50周年を
同時に記念して製造されました。

そもそも、豪華で装飾性も高いカスタムですが、
スラッシュド・ブロック・インレイと呼ばれるインレイや金属パーツには
ゴールドとクローム両方使ったりとかなりゴージャスな仕様となっています。

ネックには贅沢にもフレイムメイプル(3P)とウォルナット(2P)の
5ピースネックにブラスナット、

同じくハデな虎杢2Pのメイプルトップとマホガニーバックの
ボディー材が採用されています。

ピックアップにも、これまでのモデルと違い
スーパーバッカーと呼ばれる当時としては
ハイパワーなタイプが採用されていて、

コントロール系統にも3Wayトグルスイッチと2ヴォリューム、
2トーンにコイルタップスイッチが追加され
サウンドバリエーションも大きく広がっているモデルです。

ギブソン・レスポールカスタムの更に詳しい情報が
知りたい方は以下の書籍がオススメですよ!

レスポールの年代毎の特徴や種類の違いについて興味がある方は
以下の記事をどうぞ!

⇒ギブソン・レスポール・カスタムの年代別の音の違いと特徴とは?

スポンサードリンク


↓ブログランキング参加中!応援ポチしてくれると嬉しいです