PRSプライベートストック
Photo by PRS

どうも指1ギター、管理人です。

自他共に認めるPRSギターの大ファンである、
管理人が死ぬまでに持ちたいギターこそ
PRS「プライベートストック」。

最近ではSEシリーズや割りと
リーズナブルなモデルも販売され注目を集めておりますが
USA製のPRSは、まだまだ高嶺の花だと感じる人も
多いと思います。

プライベートストックは通常ラインの、
その上を行くPRSの最上位モデルです。

今回は管理人にとっても夢のギターでもある
「プライベートストック」の魅力や音の特徴
オーダー方法など語ろうと思います。

プライベートストックとは?

プライベートストックは元々、
PRSギター創始者であるポール・リード・スミス氏の
為のプロジェクトだったと言われています。

実は「Guitar Of The Month」と言う名称ではじまった企画で
ポール氏のギタービルダーとしての
新しいアイデアや発想を形にするのが目的で立ち上げられました。

1995年にはすでに「プライベートストック」の名称になっていましたが、
PRSが持つ最高級の木材を贅沢に使い自分だけの為の一本を作るという
理念の元に今でも続くPRSの最高峰カスタムモデル
なんです。

もちろん材が素晴らしいだけでは無く
最高のギタービルダーがサウンドや演奏性にも徹底的に拘りぬき
いずれは最高級のヴィンテージギターになる事まで想定して制作されるギターなんです。

多くのギターメーカーが通常の製造ラインとは違った
特別製をカスタムショップと名付ける事が多く、
プライベートストックは、それと同等の位置づけなのですが、



そもそも、通常のラインナップでも
クオリティーが高く他社メーカーのカスタムショップ並みに
優秀なギターを作るPRSの上位モデルと言えば、
どれほど凄いギターなのかは想像出来ると思います。

過去のプライベートストックの最高責任者の
ジョー・ナッグス氏はプライベートストックについて

「ヴィンテージの見た目と雰囲気を持つヴァイオリンの様なギター」

と表現しています。

簡単に言えばPRS社の持てる全ての技術力を自分だけの為に投入して
正に世界一本しか無いモデルを作る事が出来るのが
プライベートストックなんです!

プライベートストックの特徴

ここからはPRSギターの「プライベートストックモデル」の証明とも言える、
通常ラインのモデルとのスペック的な違いと特徴を紹介します。

ヘッドに入ったイーグルインレイ

PRSイーグルインレイ
Photo by PRS

PRSの最初期に制作された幾つかのギターにも入っている
イーグルインレイは現行品ではプライベートストックのみに
採用されています。

例外として、プリファクトリー期を思い起こさせるモデルでもある
サンタナとサンタナⅡ、サンタナレトロにはイーグルインレイが
採用されています。

ただ、殆どのプライベートストックギターに入っているイーグルインレイですが、
ごく少数のモデルには入っていません。

この場合は、ヘッドの裏側にポール氏直筆のサインはどのモデルにも必ず書き込まれています
ので、そこで見極めることが可能です。

通常のモデルにはシリアル番号のみです。

最高級の木材を使用

PRSギターはレギュラーラインでも非常に見た目の美しく高級な木材が使われています。
ですが、プライベートストックで使われる材の質は通常モデルとは
一線を画す程に素晴らしいモノだけを厳選
されて使われています。

今となっては木材も有限の資源と言うことで
ギターメーカーはこぞって良材を手に入れようと奔走していますが、
PRSには大手メーカと比較しても素晴らしい材を大量に持っている様に感じます。

今となっては入手困難な希少材である
ブラジリアン・ローズウッド(ハカランダ)を
贅沢にもネックと指板に採用したモデルや普段あまり見ることも
無いような木材が使われている事も多々あるのが
プライベートストックです。

どうしてこんな、希少な材をPRS社が保有しているのかと言うと、
木材ディーラーとPRSスタッフの長年に渡る信頼関係が
個人的に構築されている事によって、
良質の木材を優先的に仕入れる事が可能になっていると
言われています。

単純な事ですが、やっぱりどこの世界も人間関係が大切なのですね。
もちろん、PRSが素晴らしいギターを作っているからこその業者の好意でしょうが。

ちなみにプライベートストックに採用される木材は通常ラインと、
しっかり線引きされており、
「the vault」と言う専用の木材管理室が用意されています。

↑the vault内の動画です。





このプライベートストック用の材を採用した
レギュラーラインのギターには「ウッドライブラリー」という
ラインも用意されています。

他にも楽器店やネットの通販ショップを見ていると
材やピックアップのチョイスも普通のラインナップでは
あり得ない選択がされている事があることからかなり自由度が高いのでしょう。

ネックやボディー、ヘッドへの装飾も様々なモノを見ることが出来る様に
PRSの技術力でユーザーの求める音とルックスを徹底的に再現してくれる。
それがプライベートストックです。

PRSインレイワークプライベートストック
Photo by PRS

また、木材以外ではレギュラーラインでは、
ありえないインレイなども高級な装飾品を使った贅の限りを尽くした
モデルも良く見られます。

サウンドには関係の無い部分かも知れませんが、
まさに芸術品とも言えるインレイワークは圧倒的な技術力あっての事でしょう!

PRSプライベートストックアート
Photo by PRS

↑はプライベートストックが完成するまでのメイキングビデオです。手作業がかなり多く手間暇かかっているのが良くわかりますね!

プライベートストックの音

↑カスタム22をベースに強烈なキルトメイプルトップのプライベートストックでなんと価格は150万円だそうです!

↑ジョン・メイヤー氏のシグネイチャーモデルPrivate Stock Super Eagle IIです。ホロウボディー構造で更にメイヤー氏の拘りが詰め込まれたスーパーギターです。

↑市場ではあまり見かけないプライベートストックのスタンダード24の7弦ギターです。過去になにかの雑誌で山嵐のギタリストもプライベートストックで7弦ギターをオーダーしたとの記事がありましたが、7弦の需要も上がっているかも知れないですね!

↑なんとPRSの8弦ギターです。ベースはカスタム24でセイモアダンカンのピックアップが搭載されている様ですが、ゴツくなりがちな8弦ギターですが、ルックス的にも上手くまとまっている印象ですね!

↑プライベートストックで再現された幻のギタードラゴンです。コリーナ材特有のカラっとしたサウンドが素晴らしいですね!

PRS プライベートストックのオーダー方法!

どうですか?話を聞くだけでも欲しくなっちゃいますよね?
たまに楽器店で見かけるプライベートストックモデルですが、
実は、あれはショップがオーダーをかけたプライベートストックです。

PRSは個人への販売を今の所、行っていないので、
自分だけのプライベートストックを作ってみたい場合には、
PRSディーラーと相談するのが一般的です。

価格としてはフェンダーやギブソンの
リアルヴィンテージ並の値段になることもありそうですが、
それでもオーダーをかければ1年以上待たされるのは
ザラだと言われている事から



木材の枯渇が叫ばれる現代では、
今のうちに手に入れておきたいマニアからの
バックオーダーが続いているのでしょう!

まとめ

如何でしたでしょうか?

値段だけ見ても簡単に入手出来るギターでは無いですが、
いつか手に入れたいと思うファンも多いのでは無いでしょうか?

稀に中古でそこそこのお値段で売りに出されている事もあります。
値段がネックになっている場合は自分の求めるモデルに近い
中古品が売りに出されるのを気長に待つのも良いかも知れませんね。

管理人はプライベートストックは所有していませんが、
プライベートストックカレンダーを毎年購入して、
綺麗な写真を見て物欲を抑えています(笑)

PRSのレギュラーラインのモデル別の
スペックや音の特徴が気になる方は以下より

⇒PRSギターの種類と特徴とは?モデル別比較と徹底レビュー!

PRSのベストセラーモデルである
カスタム24の徹底レビューは以下の記事をどうぞ!

⇒PRS Custom 24徹底レビュー!モデル毎の音の違いとは?

PRSを愛用しているアーティストを
まとめた記事は以下よりどうぞ!

⇒PRSを使用するアーティストまとめ!

スポンサードリンク


↓ブログランキング参加中!応援ポチしてくれると嬉しいです