どうも、指1ギター管理人です。

今回はPRSのSEやSシリーズとは別の
USA製の主力モデルの機種を
管理人の主観を交えつつ紹介しようと思います。

特に弾いたことのあるモデルに関しては軽く
レビューも入れてみようと思います。

PRSで大人気機種でベストセラーとも言える、
カスタム24に関しては単体でのレビュー記事を
まとめましたので、

ご興味がある方は以下よりどうぞ!

⇒PRS Custom 24徹底レビュー!

ではでは、早速いってみましょう!

CUSTOM22

PRS custom22

CUSTOM24とCUSTOM22を比較すると、
フレット数の違いのみが注目される事がありますが、
実はサウンドに大きな影響を与える部分があります。

基本的な材のスペックは同じなのですが、
フロントピックアップの位置が24の方が2フレット分ブリッジ側に
寄せられているんです。

この事により、
カスタム22の方が特にフロントピックアップの音が
暖かい音が出しやすい構造になっています。



また、カスタム24はリアピックアップも
微妙にフロントよりでブリッジの位置も微妙に違うことから
一文字違いのネーミングとは違い
想像よりも異なったサウンドを体感出来ると思います。

他にもネックヒールを比較するとカスタム24は
小ぶりな形状でカスタム22の方がヒールはしっかりとした
造りになっていることからもサスティーンも強いと言われています。

ネックの形状もカスタム24はパターンレギュラーと
パターンシンのみですが、
カスタム22は太めのパターンファットのモデルも
過去には発売されていた様です。
(現行ではパターンのみの様です。)

また、過去モデルではPRSオリジナルの
ストップテールピースブリッジが搭載されたモデルもあり
現行のシンクロ・トレモロ搭載モデルと比較すると
木部が多いことで更にウッディーで立ち上がりが早い
クリアなサウンドを持つモデルが多いと言われています。

管理人が感じた印象では、
24と比較すると全体的にヴィンテージ寄りで
タイトで芯のあるサウンド
がするモデルと思いました。

フロントピックアップは確かに、
カスタム24とはひと味違った図太くも
クリアなサウンドだと感じました。

現行品では、85/15ピックアップが搭載されていますが、
管理人の試奏したモデルはDragon Ⅱが載っていました。

カスタム24のスッキリしたモダンサウンドが
好みでは無いが、PRS独自の多彩で優等生サウンドと
滑らかな操作性のギターが欲しい場合には、
カスタム22は良い選択肢になるのでは?

管理人の総評としては、
ギター本来のストレートな鳴りを重視したいならカスタム22!
24フレットの操作性の高さとモダンさ重視ならカスタム24!
と言った感じです。

↑の動画はカスタム22にHFSとVBをとカスタム24に57/08ピックアップを
搭載し比較した映像です。ピックアップの変更でカスタム22でも、
かなりモダンなサウンドへ変貌しているのがわかりますね。

バリエーションモデル

Custom 22 Piezo

カスタム22にはバリエーションモデルとして、
ピエゾピックアップが内蔵されたCustom 22 Piezoという
モデルもラインナップされています。

ピエゾと通常のピックアップのサウンドを
混ぜて出力することも可能です。

↑の動画はニトロセルロースラッカーのサテンフィニッシュの珍しいモデルですが、多機能なサウンドですね!

Custom 22 Soap bar

基本スペックはカスタム22ですが、
ストラトキャスターの様にソープバーピックアップを
3つ搭載しています。

ちなみにセイモアダンカン製の特別仕様のピックアップで
ピックアップセレクターのセンターの位置の時に
リアとフロントのミックスになっている様で、
他は一般的なストラトと同様になっている様です。

コリーナ材のモデルや稀にメイプルネックの
モデルを見かけたこともあります。
非常に個性的で一度弾いてみたいモデルですね!

世界的に活躍する日本人ギタリスト
「Toshi Hiketa氏」の愛用でも知られている様です。

↑オールマホのモデルだそうですが、通常のカスタム22とはかなり違ったサウンドが出せますね!

Custom 22 / 12

カスタム22と同様スペックでの12弦モデルですが、
PRSならではの弾き心地で、6弦から持ち替えた場合も
違和感が無いほど弾きやすいと言う声もあるそうです。

標準スペックと準じていますが、
ピックアップがPRS独自開発ハムバッカー
「12string Treble&Bass」と、

センターにリンディーフレーリンのシングルコイルが
搭載されたHSH仕様になっています。

ピックアップセレクターは、3点切り替えの
トグルスイッチとトーンポットのプッシュ/プル
スイッチが採用されている様で、

基本的にはハムのリア・フロントのみを
選択可能になっていますが、
トーンポットを引き上げた状態では、

  • フロントハム&センター&リアシングル
  • フロントハム&センター
  • リアシングル&センター

が選択可能な特殊な配線が施されている様です。
かなりレアなモデルで店頭では、あまり見かけないモデルですね。

McCarty(マッカーティー)

元ギブソン社長のテッド・マッカーティー氏が開発に関わったギターと言われています。
実は1994年から存在する人気のあるモデルですが、
販売終了したり再開されたりという事で一定の人気はあるようです。

カスタムシリーズと比較するとボディーのバック材は若干、厚く
ヘッドはヴィンテージタイプのペグが搭載出来る様に若干、薄くなっています。
(現行ではPRSロックペグを搭載)

また、現行ではどうなのか分かりませんが、
ボディートップにはサウンド的なことも考慮して硬い
「ミシガンメイプル(イーストコースト・メイプル)」が
採用されていると言われています。

スペックからも分かる様に、
PRSが強烈にヴィンテージギブソンを意識したモデルと考えて
間違い無いでしょう。

管理人はマッカーティーも触ったことがありますが、
カスタム24と比較するとピックアップは、かなり低出力で
通常のPRSと思って弾くとパワー感が全然違います(笑)

材構成や各パーツ・ピックアップの特性から
ヴィンテージ感が高く太い音と枯れたミドルやサスティーンに
特徴のあるモデルだと弾いた時に思いました。

ちなみにローズウッドネックのバリエーションモデルも
その時に試奏しましたが、低音が締まったクリアながらも
ふくよかな音の印象でいつかは欲しいなと思ったモデルの一つです。

ピックアップセレクターは5点切り替えではなく
トグルスイッチとコイルタップで6種類のサウンドを選択可能です。

ソープバーピックアップ搭載の限定モデルや
ボディーネック共に希少材のコリーナが採用された
「マッカーティーコリーナ」と言うモデルもあるらしく是非とも弾いてみたい…。

管理人的にはPRSの他のモデルが気に入らない人と言うよりも
近年のギブソンのトラッドなレスポールに不満を持つ
プレイヤーが一度試してみて欲しいモデルだと思います。

レスポールの様な低音の押し出し感ではやや劣るものの、
ギブソン特有のふくよかで色気のあるサウンドは狙えますと思います。

管理人の好みの問題かも知れませんが
広がりすぎないキュっと締まった低音感がとても好印象なモデルです。
見た目はカスタムシリーズとそこまで違いは無いですが
音は別物だと考えた方が良いでしょう!

↑はPRSオフィシャルチャンネルによるマッカーティーのデモ演奏です。

408

408のモデル名にもなっている、
「408ピックアップシステム」が搭載された
非常に多彩な音色を操ることが可能なモデル
です。

フロントには写真の様な、ナロータイプと呼ばれる
通常のハムを縦に圧縮した様なサイズの
「408 Bass」ピックアップが搭載されており、

リアには逆にワイドタイプと呼ばれるタイプの
若干、大きめのハムバッカー「408 Treble」が搭載されています。






更に3Wayタイプのピックアップセレクターと
フロント、リア共に独立したタップスイッチが搭載
されていることから、

  1. フロントハム
  2. フロントハム&リアハム
  3. リアハム
  4. フロントシングル
  5. フロントシングル&リアシングル
  6. リアシングル
  7. フロントシングル&リアハム
  8. フロントハム&リアシングル

の8種類のサウンドを操ることが可能となります。

また、408ピックアップはナロータイプがハイ上がり
ワイドタイプが膨よかな低音が出力される様になっていますが、

タップ時も含めて音量差が出ないように
最大限の工夫が施されている
様です。

管理人は弾いたことは無いですが、動画などで見る限りでは、
他のPRSモデルと比較してトレブリーなサウンドが出せるモデルだと認識しており、
一度、触ってみたい楽器ですが、あまり見かけませんね…。

↑はポール氏による408のサウンド紹介動画です。

Paul’s Guitar(ポールズギター)

ポールリードスミス氏が自らの為に設計し、
自身も最も愛用しているモデルと言われているのが、
「ポールズギター」です。

408 Bassと同じナロータイプのピックアップが
リアとフロント両方に採用
されており、
コントロール系も408と同じく、
独立したタップによって8種類の音色が選択可能です。

見た目的な大きな特徴は
「ブラシストローク・バードインレイ」と
呼ばれる写真の様なインレイです。

見た目から機能性までポール氏の拘りが随所に
散りばめられた逸品ですが、サウンドバリエーションは
かなり広く、使える音の様です。

ストップテイルピースのモデルは何本か見たことがありますが、
シンクロタイプも選べる様です。

↑はポールズギターのデモ演奏です。ナロータイプのピックアップは
クリアで腰のあるサウンドながらハム特有の甘いサウンドもしっかり出せそうなので、
面白そうなピックアップですね。

CE22 24

CEシリーズとカスタムシリーズとの最も大きな違いは、
ネック材がメイプルであることと、
PRSにしては珍しいボルトオンネックのモデルであると言うことです。

2008年に生産完了品となっていましたが、
2016年には、更に進化した姿で再び
ラインナップにカムバックしました。

管理人はCE22は見かけた事すら無いですが
CE24は弾いたことがあります。

カスタムシリーズと比較すると
エッジ感が強く音の立ち上がりが非常に早い印象
です!

音の特徴としては深い歪みでも
埋もれにくいので早い刻みリフを多様する様な
メタルに向いている様な気がしました。

音の分離感や抜けの良さはカスタムシリーズでは
出せないサウンド傾向を持っていることから、
このモデルの根強いファンも多くいることからの
再販なのでしょう。

カスタムシリーズよりリーズナブルな価格設定ながら
SEやSシリーズの廉価版とは違い、
造りも良くコストパフォーマンスの高いモデルと
言えるでしょう!

ちなみにCEは「クラシック・エレクトリック」
の略と言われています。

近年はボディーバックにアルダーを採用したモデルや、
サテンフィニッシュのモデルなども良く目にしますね。

また、オールマホガニーのCEスタンダードも更に
低価格で販売されている様ですよ!

現行モデルは3Wayスイッチとトーンポットに
プッシュ/プルスイッチが搭載され
6種類のサウンドが選択可能になっています。

↑はCE24 スタンダード サテンです。オールマホの素直で暖かいサウンドながらクリアで立ち上がりの良いサウンドですね!

513

513はPRSの中で恐らく最も
多彩なサウンドバリエーションを持つ
機種です。

HSHに見えますが、
それぞれに独立した5つのピックアップから
13種類のポジションを選択出来ることが
「513」の名称の由来となっている様です。

3Wayセレクトスイッチで

  • シングルコイルモード
  • クリアハムモード
  • ヘヴィハムモード

の3つモードを選択可能で、
更に5Wayピックアップセレクターで
それぞれの音を組み合わせたサウンドを選択可能です。

管理人は過去にローズウッドネック個体を
試奏した事がありますが、

あまりのサウンドバリエーションに実は
逆に印象に残っていないモデルです。
使いこなせる人には素晴らしいモデルなのかも知れませんね…。

個人的な感想としては、シングルコイル系の音が
特にしっかりしていてクリアで抜けの良い印象でしたが、
それならFender使うかな~って思ってしまいました。

実は試奏前はかなり期待して購入も検討していましたが
触ってみてビビビと来なかったモデルです。

個人的な感想ですが、クリアハムモードが中途半端で
特にイマイチに感じました。

後、ネックの握った感じもカスタムシリーズとは割りと違った印象だったのですが、
実はネックのスケールが通常のPRSより1/4インチだけ
長い25 1/4インチが採用されていたからだった様です。

また、パッと見はカスタムシリーズと違いが無い様に見えますが、
ネックジョイント部分の形状が変更されていたり、
フレットも大きめのモノがチョイスされていたり、
チャンバードボディーが採用されているとも言われています。

他にもナットも音がスッキリとクリアな印象になると言われている
スキャロップドナットが採用されています。

一本で出せるサウンドバリエーションの広さから、
海外ではスタジオミュージシャンの間で人気爆発中という声も
あるそうで、これまでのPRSとは違った需要にも、
しっかりと対応したモデルと言えるでしょう!

マホガニーネックのモデルもチラホラ見かけますが、
ローズウッドネックとは別物な印象です。

なお、現在では廃盤となっており入手困難モデルですが、
機能を少し縮小した509モデルが販売されています。



↑マホネックの513です。

509

513との大きな違いは513の3Wayのモードセレクトスイッチが廃止され
フロントとリアに搭載されたハムバッカーに独立した
タップスイッチが採用されています。

このことにより5つのシングルコイルで
9種類の音を選択可能
な「509」となった訳です。

管理人はこのモデルは触ったことは無いですが、
これくらいのサウンドバリエーションの方が
操作しやすそうだなと思います。

513、509は、この一本さえあれば、
他のギターは必要ない!と感じるユーザーには
最高の選択肢になりそうなモデルですね!

↑はPRSオフィシャルサイトによる509のデモ映像です。

まとめ

如何でしたでしょうか?

PRSは創業以来、飽くなき探究心で
ラインナップを充実させてきました。

一部にはPRSと言えば
モダンでハイパワーなギターと言う印象が
あるかも知れまえんが、

今となっては、
様々なモデルが開発されているのが
お分かりいただけたかと思います。

高級ギターなので
何本も買える訳では無いと思いますので、
自分の好みにあったギターをチョイスしましょう!

管理人の愛用している
カスタム24の徹底レビュー記事が記事なる方は
以下よりどうぞ!

⇒PRS Custom 24徹底レビュー!モデル毎の音の違いとは?

スポンサードリンク


↓ブログランキング参加中!応援ポチしてくれると嬉しいです