安いギター
photo by halfrain

どうも、指1ギター管理人です。

今回はギター未経験者や初心者の方が
一万円以下で購入することが出来る
初心者向けエレキギターをまとめてみました。

格安ギターを初心者が使う事の
是非についての考察は記事にしてみたので、
興味がある方は以下から見てみて下さいね!

⇒ギター初心者セットって一万円以下だとダメ?

ではでは、一万円以下で
購入出来るギターを紹介していきます。

僕の生徒さんが持ってたりで
触ったことがあるギターに関しては
簡単なレビューも書いていきますね!!!

PLAYTECH

通販の楽器屋さんの中で
とにかく安いと評判のサウンドハウスさんの
オリジナルブランドです。

この価格で本当に利益あるの?って位の
価格設定が魅力です。

ですが、初心者が使うには
安かろう悪かろうって程に悪くも無い印象で
僕も触った感じでストレスを感じたり
弾きにくいとは思わなかったですよ。

また、カラーバリエーションも豊富で
ストラトタイプとテレキャスタイプなら
僕が見た時にはセットでも一万円以下で販売していました。



レスポール等のセットネックは
やはり生産コストの違いからか一万円以上は
してしまいますが、それでも激安なのは変わりないですね!

サウンドが気になる方は以下の画像を参考にどうぞ!

感想:この価格なら楽器と言うより
おもちゃの様に実際には使えないかと思いきや
初心者がお金をかけずに取り敢えず一本欲しいと言うのであれば
全く問題無いと思います。

さすがに、良い値段のギターと
比較すると色々と荒い作りなのは否めませんが、
この一本を引き倒して不満が出てから
二本目にもう少し良いのを買うというのも悪くは無いと思います!

口コミ情報等を見ると製品のバラツキも
あるようですが、初期不良等についてはしっかりと
対応してくれる様でした。

⇒PLAYTECHの激安ギターはこちらからチェック!

PHOTOGENIC ST-180

PHOTOGENIC ST-180

続いてはキョーリツコーポレーションが制作している
PHOTOGENICのストラトタイプST-180です。

こちらは店舗によっては一万円は超えてしまいますが
9000円台でも購入可能な所を幾つか見かけました。

このギターも外部の教室で貸出用ギターとして
置いていた事があり触った事がありますが、
PLAYTECHのモデルと、さほど印象は変わりません。

PLAYTECHが安すぎるだけで、
PHOTOGENICも十分安いですね(笑)

PHOTOGENICは手の小さい人にも
最適なムスタングモデルもあったので、
女性の生徒さんにはオススメする事もあります。
ストラト程は安い無いですがこちらも十分安いです!

サウンドが気になる方は以下の動画をどうぞ!






感想:PLAYTECHとさほど変わらないイメージでした。
カラーバリエーションが豊富なので、
好きな色があった場合はPHOTOGENICを
選んで良いかもですね!

フォトジェニックのギターが気になる人は、
以下のサイトから口コミや最安値をチェックすることを
オススメします!

Legend LST-Z LEGEND by AriaProII


お次はアリアプロの制作している
Legend LST-Zです。

こちらもPHOTOGENICと同じ価格帯です。
外部の教室で教えている時に、
そこの楽器屋さんで販売していたので、
生徒さんが良く持ってきていました。

このモデルも何度か触ったことがあります。

なんとな~くの印象ですがPLAY TECHや
PHOTOGENICより作りがしっかりしてる様な
気がしました。

ですが、劇的な違いがある程では無かったので
個体差かも知れません…。

ただ、弾きにくい個体には当たらなかったので
そこの楽器屋さんがキチンと調整してから
販売していたのかも知れませんね。

口コミを見る限りでも
初心者用としては問題無いと言うか
割りと評判が良かったです。

ただ、PLAYTECHやPHOTOGENICと比較すると
カラーバリエーションが少なめです。

サウンドが気になる人は以下の動画をどうぞ!

感想:PLAYTECHとフォトジェニックと比較すると
多少、良い様な気がしますが、
そこまで劇的な差は無いと思います。

と言うより激安ギターなのに、
どのモデルも聞けたもんじゃない!と言った
作りにならないので激安ギター業界の
頑張りを感じました(笑)



レジェンドのギターが気になる人は、
以下のサイトから口コミや最安値をチェックすることを
オススメします!

その他(触った事が無いモデル)

他にも検索してみると、

SELDER ST-16
Selva SST-120BD

などのモデルが一万円以内で
販売しているのをネットで見かけましたが、
PLAYTECH・フォトジェニック・レジェンドと
比較すると少し高価でした。

触ったことが無いので何とも言えませんが、
低コストギターにも限界はある思いますので、
恐らく前述した3つと大きな違いは無いのでは?
と考えています。

激安ギターの弱点(デメリット)

安い価格帯のギターの難点として
気になったのはネックの塗装が
かなり薄いサテンフィニッシュのモデルが
多かった事です。

サテンフィニッシュはさわり心地も良いので
弾きやすさは悪くは無いかもですが、
汚れが着くと落ちにくいので注意が必要です。

後は、僕の生徒さんが持ってきたーギターでの
印象ですが、セットアップが微妙で
オクターブ調整が出来ていなかったり、

弦高が高すぎて弾きにくいギターも
ちょくちょく見かけましたので、
激安ギターを購入する場合は簡単な調整は
自分で出来た方が良いかな?とも思いました。

とは言え、デメリットを補って余りある
レベルでのコストパフォーマンスです。

スポンサードリンク


↓ブログランキング参加中!応援ポチしてくれると嬉しいです