エレキギターを全く持ったことの無い人にギターの弾き方を教える機会が
多い私ですが、

どうしても、いつまでもギターが上手く弾けない人共通点を発見しました。

それは親指の位置です。

ギターを演奏する上で、
通常左手が指板上の弦を押さえる訳ですが、
親指は基本的にネックの裏側で他の指を支えています。

この支える支点を間違えると、
いつまでも弾けない又は弾くのが辛いと言う状態が続いてしまい、
結果、3ヶ月程頑張って「やっぱり私には向いていなかった」と
挫折するパターンが非常に多いです。

実は親指はネックの裏側で支えるクラシックフォームと
ネックの六弦側から親指を出し握り込むように持つ
シェイクハンドフォームがあります。

上記はシェイクハンドフォームの写真

上記はクラシックフォームの写真

エレキギターでロックを弾く場合に、
避けては通れないパワーコードを弾く時に
実はシェイクハンドフォームで弾くと弾きにくい
のです。

目次






親指の位置取りが悪くなる理由!

では、何故こうなってしまうのかを考えてみました。



初心者の頃はギターの裏側にネックを持っていくと
手首の辺りが痛いと感じるので、
それを避ける為にフォームが崩して弾いてしまうパターンが多いです。



特に手の大きい男性はシェイクハンドフォームでも
無理をしながらパワーコードが弾けてしまうケースも多々ありますが、
素早いポジション移動などをする時にフォームが崩れてしまいます。

手首の関節は、正しいフォームで練習することで
柔らかくなりクラシックフォームでも辛く無くなってきますが、
手首が痛いのを庇っていつまでも、崩れたフォームで弾いてしまうと
いつまでも辛い
ので、やってられなくなるという訳です。

酷い時はクラシックフォームですら無くなって
親指が真横を向いてしまったり1弦側からハミ出して
しまっている人も居る位なんです。

フォーム改善の注意点!

ここで良く聞くのが、
自分は手が小さいからと言われる方もいますが、
パワーコード位だと手の小さなの女の子でもコツを掴めば
楽々弾いているケースも多々ある事から、
パワーコードと手の大きさや辛さには、因果関係はあまり無く
フォームの見直しが必要だと私は考えます。

親指の正しい位置をキープしながら、
ゆっくりとシンプルなフレーズを演奏する時間を
普段のトレーニングに組み込むだけで、
割りと早くに効果を実感出来ると思います。

最初は左手も右手もギターを演奏する耐久力は、
誰でも、あまり無いので日々淡々と時間を決めて練習するのが良いでしょう。

ただ、やり過ぎは腱鞘炎の元と言われていますので、
あまりに痛い時は休憩を入れるか
その日の練習は終了して、また明日頑張ろうと気軽にやるのが
挫折しない為には良いと思います。

まとめますと、

手首が痛いからと言ってフォームを崩すといつまでもギターが弾けない。

です。

この情報が、
ギターを始めたばっかりの人が挫折をしない手助けになれば幸いです。

スポンサードリンク


↓ブログランキング参加中!応援ポチしてくれると嬉しいです