ストラトキャスターvsテレキャスター

どうも指1ギターです!
フェンダーの大人気モデルである
ストラトとテレキャスの違いを以前
解説した記事を作成しましたが、

今回はその続編と言うことで
音の違いと、その理由を探っていこうと思います!

全開の記事は主に
木工的な違いをまとめていますので
興味のある方は以下よりどうぞ!

⇒ストラトキャスターvsテレキャスター

サウンド傾向の違い!

ギターのサウンドを言葉だけで表すのは
大変難しいのですが、僕の印象では、

 

ストラト:シングルコイルらしさを残しつつも
柔らかでコロコロした可愛らしいサウンド!

テレキャス:こちらもシングルコイルらしい
エッジを保ちつつも太くストレートなサウンド!

 

もちろん個体差もありますし
どちらのモデルも近年では一見しただけでは
分からなくらい様々なサウンドを狙ったモデルが
販売されています。

なので、あくまで僕の持つ
ストラト像とテレキャス像としてですが…。

以下の動画が割りと僕の持っている
サウンドイメージと近かったので
興味があれば見てみて下さい!



何とか無くですが、分かりますかね?
では次はどうして音が違うのかを
考察してみましょう!

2つの要員はピックアップとブリッジ!

まずはギターの鳴り方に多大な影響を与える
ブリッジが違いが大きいです。

テレキャスターは金属製のブリッジが
木材のボディに固定されギターの弦もそのまま
木部の裏に固定される形になります。

一方ストラトは金属のパーツに
弦は固定されるのですが、
ブリッジのパーツは最終的にボディ裏に
収められたスプリングを介して木部に止められています。

この事が僕がサウンドに大きな違いを
与えているのだと考えられます。

要するにテレキャス特有のカキーンとした
ストレートで速い音の印象の理由の1つは
木部にストレートに弦振動を伝えているからだと思われます。

一方、ストラトの艶っぽいと言うか柔らかな
印象はスプリングを介した事による
リヴァーブ効果から来ているからだと思われます。

ここまでは木部や構造による
どちらかと言えば、生鳴りの部分です。
ここからはエレクトリック部分のピックアップの
違いを考察シていきましょう!

ピックアップがどちらも個性的!

まずパッと見て分かると思いますが
ストラトはピックアップが3つで
テレキャスが2つです。

この事からサウンドバリエーションが
広いのはストラトキャスター
だと言う事に
僕も異論は無いのですが、

テレキャスターのサウンドキャラクターの
幅広さも見逃せません。

テレキャスのサウンドの違いは
まずはピックアップの構造の違いから由来します。

フロントピックアップは
金属のカバーで覆われている事から
シングルコイルながらも太く甘いサウンドが特徴です。






リアピックアップはストラトと同様に
ポールピースが露出しています。

ですが、ジャキジャキ感と言うか
サウンドのトレブリーさは一般的な
モデルならテレキャスの方が強く感じます。

これはピックアップの種類もあるのでしょうが、
ピックアップを固定している
素材にもよるものだと僕は考えています。

要するにストラトキャスターは
多彩ながらも、どのピックアップのボジションでも
ある程度の一貫性を持っています。

これは全てのピックアップが
プラスチック製のピックガードに
固定されており、

プラスチックにぶら下がった状態で
木部に固定されている事から
ある意味でピックガードの素材の響きも
加味されていると考えられます。

ストラト特有のチャキチャキした
ある意味でキュートな響きは
これが大きな要員だと僕は思います。

では、テレキャスの場合は言うと
リアは金属のブリッジに埋め込まれる形で
固定され、フロントは木部に直に
ネジ止めされています。

この事がどちらも音のストレートさの
要因となり、木部の響き重視の甘いフロントと
金属の響きの混じったリアはトレブリーに
なっているのだと考えられます。

もちろん個体差はあると思いますが、
一般的なストラトとテレキャスの音の違いは
ここから来るんでしょう!

要するに木部構造以外にも
パーツの素材や固定の仕方等の
様々な影響を受けて1つをサウンドを
作っているのがギターなんです!

多彩なストラト!無骨なテレキャス!

最後にストラトキャスターが多彩なサウンドを
出せるのは3つのピックアップ構成から来る
サウンドバリエーションの多さでしょう。

しかも前述した通りにピックアップの構造や
固定素材は統一感があるので
一本芯の通った音色となります。

また、ストラト特有のサウンドとして

ハーフトーン



 

があります。
フロントとミドル又はリアとミドル
ポジションのピックアップをパラレルに
繋ぐことで出せるサウンドです。

このサウンドこそストラトサウンドだ!と
言う人も居れば、若干ハッキリしないサウンドで
嫌いだ!という人も居ます。

僕もハーフトーンは常に使うと言うよりは
ケースバイケースで単体の方が選択することが
多いです。

コロコロとして単体のピックアップのサウンドより
更に柔らかい印象のサウンドです。

ストラトは基本5つのサウンドバリエーションを
持っている事やプレイヤー毎に好みの設定が
かなり異なる事から、

ストラトと一言に言っても様々なサウンドが
ある
と思った方が良いでしょう。

逆にテレキャスターはストラトの程に
サウンドバリエーション持たないですが、
ピックアップ毎のキャラクターはガラリと
変わる二面性の様なモノを持ち合わています。

ですが、どちらのサウンドも非常にストレートで
木や金属の響きが連想する事が出来るので
無骨なサウンドと表現される事が多いのも納得ですね。

また、シングルコイルながら
太いサウンドはレスポールに似ていると
言われる事も多々あります。

もちろんピックアップの交換などの
カスタマイズや様々な改造を施す事で、
様変わりさせる事が出来るのもフェンダー系ギターの
魅力だと思います。

また、機会があれば
ストラト・テレキャス共にカスタマイズの
アイデア等も記事にしようと思いますので乞うご期待!

スポンサードリンク


↓ブログランキング参加中!応援ポチしてくれると嬉しいです