EMG_81_&_85_pickups
Photo by ZngZng

どうも、指1ギター管理人です。

アクティブピックアップ界のドンと言っても過言では無いほど、定着している感のある
EMGピックアップですが、今回はパッシブとの構造や仕組みの違い、逆に共通点についても、
徹底的にまとめてみました。

ちなみにアクティブピックアップって何?って方や、何となくの曖昧に分からないから
もっと詳しく知りたい場合は以下の記事に一度、目を通して頂けると良いかと思います。

⇒【ピックアップ比較】アクティブとパッシブとの違いを徹底検証!

それでは、行ってみましょう!

EMGピックアップの構造と仕組み!

EMGピックアップの構造は従来のパッシブ型と非常に近い部分と
新しいアイデアが盛り込まれた部分の両面があります。

ここからは、現在では幅広く受け入れらているEMGのサウンドの秘密を
構造や仕組みから考察していきましょう!

アクティブ回路が搭載されている以外の点では、実はパッシブ型と非常に似た構造の様に
見えますが実は結構な部分で違いがあります。

ここからはパッシブとの違いと共通点の両面から見ていきましょう!

EMGとパッシブの違い!

EMGピックアップ構造

EMGとパッシブの違いは上記の図を見てもらうと分かると思います。
ちなみにハムバッカーの代表機種とも言える81や85は、この構造です。



追記:現行の81は底面に小さめのセラミックバーマグネットとスティールバー
ポールピース仕様になっています。

このタイプのハムはパッシブ型とは違って、ポールピースそのものがマグネットなのも
大きな特徴と言えるでしょう。

EMGピックアップ構造-シングル

また、シングルコイルに関してもノイズレスピックアップなどに近い積層のスタック構造が
採用されていますので、純粋なシングルコイルとは言えませんね。

上記はEMGの代表的なシングルサイズのEMG-SAなどで採用されている構造です。

emg_sa分解
Photo from here

↑は実際のEMG-SAを分解した海外の画像です。


↑はEMGハムバッカーを分解している動画です。

EMG製品のアクティブピックアップは多くがバーポールピースが採用されていますが、
よりパッシブ型に近い構造を持つタイプも販売されています。
この動画で紹介されている機種はバーマグネットが底面に配置されたPAFに違い構造ですね。

そして最大の個性とも言えるのが、シングルもハムも上下の2つのコイルが
大きく違った周波数特性を持ったモノが採用
されている点です。

普通のハムのコイルに関してはハムノイズを撃退する為に、多くの場合は近い特性の
コイルを2つを逆の極性で並べて使います。

一方、EMGは違った特性のコイルを配置します。これは従来のハムやスタックタイプの
弱みとも言える高域特性の悪さを排除して、独自のレゾナンス・ピークを狙った
豊かな音色の響きを得る為なんです。

ただ、その場合は普通はハムの強みであるノイズを排除する能力は失われていく事に
なるのですが、EMGの場合はアクティブ回路によるローインピーダンス化と独自の
ノイズリダクション回路によって、この弱点を克服した構造となっています。

また、EMGのマグネットは普通のピックアップに使われている物と比較すると
磁力は弱め
に設定されています。






これによって驚異的なロングサスティーンとオーガニックなサウンドを得ることが
可能となっている訳なんです。ただ、本来は磁力を弱めると、出力も弱められてしまいますが
こちらも、アクティブ回路によって回避されています。

アクティブピックアップと言うとピックアップの中に電子回路が入っていて、
コイルやマグネットも無いと思っている人もいるようですが、

ボビンにはマグネットが刺さっていて、周りにはコイルが巻き付けらているという
アクティブ回路が組み込まれている以外では上記の点を除けばパッシブと殆ど変わらない
構造
と言えるでしょう。

マグネットの材質に関してもアルニコやセラミックが用途により使い分けられている点も
トラッドなパッシブ型と変わらないですね。

ポールピース形状はシングル・ハムを問わずバータイプが採用されているモデルが
多いですが、独立したポールピースのタイプも販売されていますしヴィンテージに近い
構造が採用されたモデルもあります。

アクティブの中でもEMGが個性的な理由!

EMGピックアップはアクティブピックアップの定番ですが、実は非常に個性的な
モデルだと管理人は考えています。

オンボード・プリアンプと呼ばれるアクティブ回路がピックアップ内部に組み込まれたのは
EMGが初と言うことから、厳密に言えばEMG以前のアクティブ回路の搭載を前提として
作られたシステムはアクティブ・ピックアップでは無いと言う意見もあります。

EMGオペアンプ
Photo from here

また、EMGの回路に採用されている増幅器であるオペアンプにはEMGのロゴが
印刷されていて、恐らくオリジナルか従来品にカスタマイズが施された製品でしょう。

回路自体も極力、ギターのトーンに影響を与えるフィルター的な回路は排除しているとの事で、
サウンドの要となっている部分は従来型のパッシブを発展させた様な設計にプラスして
アクティブ回路は、

  • ローインピーダンス化
  • 出力確保のためのブースト
  • ノイズの排除

が主な役割となっています。

プリアンプを含むアクティブ回路をピックアップ自体に埋め込んだことで、
ギター本体には9V電池のみの設置で済むと言うのも当時のアクティブ・ピックアップ業界では
革新的だったと思われ人気を博したとも言えるでしょう。



管理人的には、EMGが他のアクティブピックアップと比較して
多くのギタリストに受け入れられるかの理由を考えた時にハイファイで
ローノイズなサウンドを作り出すプリアンプ部のクオリティーもさることながら、

ピックアップ本体のパッシブっぽさをある程度残していて
特にロックギタリストが求めるサウンドを製作者が、しっかりと
熟知しているからこそだと感じています。

まとめ

如何でしたでしょうか?アクティブ界で絶大な支持を集める、
EMGピックアップのサウンドの秘密が何となく分かった様な気がしますね。

おさらい的にパッシブタイプのピックアップの構造を詳しく知りたい場合は
以下の記事を参考にどうぞ!

⇒パッシブ・ピックアップの種類と仕組み原理を徹底解説!

EMGピックアップのラインナップ毎の音の特徴など細かなスペックが知りたい
場合は以下の記事をどうぞ!

⇒EMGピックアップ、種類別の特徴と最適ジャンルを徹底解説!

EMG以外のアクティブピックアップの特徴をまとめた記事は以下からどうぞ!

⇒アクティブピックアップのデメリットはコレ!パッシブとの違いとは?

自分好みのピックアップを見つける為に必要な知識をまとめた記事は以下から
どうぞ!

⇒ギターピックアップ、選び方の全知識!

 

スポンサードリンク


↓ブログランキング参加中!応援ポチしてくれると嬉しいです