EMG_98_&_SA_pickups
Photo by ZngZng

どうも、指1ギター管理人です。

今回はEMGピックアップのラインナップを種類別に、音の特徴や最適なジャンルなどを
考察していこうと思います。

管理人も実際に触ったことのあるモデルも幾つかあるので、レビューを含め解説します。

では、早速いってみましょう!

Xシリースとは?

EMGには2007年から発売されたXシリーズと言うモデルがあります。

Xシリーズとは、ピックアップの構造はそのままにアクティブ回路に若干の変更を施し、
パッシブだったトーン回路をアクティブ化されたモデルです。

これによって従来モデルよりピッキングニュアンスが出しやすくなり、
より開放的でナチュラルなサウンド傾向に仕上がっているそうです。

もちろん、アクティブ・トーン・コントロールはパッシブよりも効きも良くなっていますが、
この部分を回路から外す事で更にローノイズになると言われています。

このサウンドの変化の秘密は、従来の10KΩと言う出力インピーダンスを2KΩまで
下げた事によって、プリアンプによる増幅幅も下げた事によるものです。
もちろん、インピーダンスを下げた事によって、更にS/N比が高くなっています。

ただ、Xはシリーズは従来のEMGの音圧感やコンプ感が欲しいと感じる
プレーヤーからは不評だったりもします。



では、ここから具体的なスペック上の数値も含め見ていきましょう!

EMGピックアップの種類毎の特徴一覧まとめ

ここからはEMGピックアップの具体的なラインナップ製品や種類の違いによる
オススメのジャンルや音の評価・評判などを比較していこうと思います。

ピックアップのサイズや互換性など、自分のプレイスタイルや求めるサウンドに
マッチしたモデルを見つけましょう!

ストラト用EMGシングルコイルピックアップ

EMG-SA

「EMG-SA」は1979年にEMGピックアップの第一号機として前身のオーヴァーレンド社から
発売されたロングセラーモデルです。

シングルコイル離れしたローノイズさと図太いサウンド、驚異的なロングサスティーンが
大きな特徴で一世を風靡した正に時代の音です。アルニコ・マグネットが採用されていて

80年代のAORやスタジオ系の音を目指すならド定番のモデルと言えるでしょう。

↑の動画はフェンダー・ヴィンテージノイズレスとにEMG-SAのサウンドを比較しています。

動画の説明欄によれば、ケンパーアンプを使い全く同じ設定で比較しているので、
完全にピックアップによる違いのみを確認することが出来るそうです。

↑はフェンダーのパッシブ・ピックアップとEMG-SAの比較動画です。

EMGはやはりハイファイで音の粒立ちが整っていて細かい音も聞き取りやすい印象ですね。
フェンダーの生々しさを持ったサウンドと比較すると、あまり主張しないので、
味気ないと感じるか?邪魔にならない使える音と感じるかはプレーヤーの完成次第では?

EMG-S

アルニコマグネットのSAに対して「EMG-S」はセラミックが採用されています。
セラミック特有の高域のクリアさで70年代のストラトサウンドを狙っていると言われています。
SAと比較すると更にハイファイで抜けの良い音だと評価される事が多いモデルですね。

EMG-SV


ハイファイな印象のEMGからヴィンテージ系のサウンドを狙ったモデルが
「EMG-SV」です。アルニコ5・マグネットのスタガード・ポールピースが採用された構造で、
50年代後半の図太いサウンドを狙っている様ですね。

サウンドを聞く限りでもネット上の評価や評判を見る限りでも、暖かみのある
ヴィンテージ風味のシングルコイルサウンドと言えると思います。

ポールピースが露出した従来型のピックアップを彷彿とさせるルックスもEMGの中では
大きな個性と言えるでしょう。

動画を見る限り、同じ条件では無いので何とも言えませんが、
SAと比較すると、かなり生々しいサウンドに感じますね。

EMG-SAV

「EMG-SV」と同じくアルニコ5が採用されていますが、「EMG-SAV」は
フラットポールピース仕様が採用されています。

また、SAと同様のアクティブ回路が採用されているので、SAとSVのハイブリッドタイプで
両方の利点が融合しているモデルと言えるでしょう。

こちらも、SVと同じくポールピースが露出しているタイプです。

動画を比較して見てみると、意外と弾き手の個性がしっかりと拾ってくれる印象ですね。

EMG-SLV


「EMG-SAV」をベースにスティーブ・ルカサーの要望である、ハイパワー化のために
コイルの巻き数を若干増やしたモデルです。

ルカサーのシグネイチャーモデルとして完成度の高いモデルで、こちらもSV、SAV同様に
ポールピースが露出しているモデルです。

↑はSLVセットが搭載されたアイバニーズのストラトタイプです。

ターン数を増しているたけあって、図太く歪む印象ですね。
深く歪ませてもノイズをほぼ感じないのも、さすがですね。

EMG-Sシリーズのスペック比較表

モデル名磁石ピークロゴ色ノイズ
Sセラミック4.05kHz-101
SAアルニコ3.70kHz-101
SVアルニコ52.41kHz-102
SAVアルニコ54.41kHz-101
SLVアルニコ53.33kHz-103

Xシリーズ

モデル名磁石ピークロゴ色ノイズ
S-Xセラミック4.52kHz-107
SA-Xアルニコ4.05kHz-107
SAVアルニコ54.55kHz-101
SLVアルニコ53.50kHz-103

 

 

EMGピックアップ激安ショップはこちら

EMGテレキャスター用ピックアップ

EMG-T

アルニコ・マグネットが採用されたテレキャスター用ピックアップです。
サウンドとしては、トラッドなテレキャスターと同様にウォームでマイルドな
フロント(FT)と攻撃的でパワフルなリア(RT)の組み合わせを狙っている様です。
FTのサウンドはEMG社の中でも特に自信作の様ですね。

レゾナンスピークは、FT: 4.85 RT: 3.7となっています。

動画を見る限り、SAと同様に非常に明瞭でクッキリとしたサウンドに感じますね。
管理人的にはフロントのクリーントーンのバランスの良さが秀逸だと感じましたが、
さすが、EMGの自信作だけありますね。

メタルにもバッチリはまりますね!EMG全般に言えますがタッピングの音が
非常にクリアで、そっち系のプレーヤーには良さげな印象です。

EMG-TC

「EMG-T」セラミック・マグネット仕様です。Tと比較するとクリアで高域特性に優れた
モデルの様ですね。

レゾナンスピークは、FTC: 5.3 RTC: 4.35とやはり「EMG-T」より上の帯域を
狙っています。

「EMG-T」と比較するとハイ上がりでトレブリーなサウンドですね。
パワフルに歪ませても低域が膨れてこないのでバンドアンサンブルでも
抜けが良さそうなサウンドですね。

モデル名磁石ピークロゴ色ノイズ
FTアルニコ4.85kHz-101
RTアルニコ3.70kHz-101
FTCセラミック5.30kHz-103
RTCセラミック4.35kHz-103

Xシリーズ






モデル名磁石ピークロゴ色ノイズ
FT-Xアルニコ4.52kHz-101
RT-Xアルニコ2.58kHz-101
FTC-Xセラミック5.30kHz-103
RTC-Xセラミック4.02kHz-103

EMGハムバッカー

EMG-81

特にメタル系のギタリストから多くの支持をあつめるモデルで
SAと並ぶロングセラーです。

セラミックマグネットを搭載したハイパワーモデルで深く歪ませても
輪郭の潰れない立ち上がりの良い音像はハイゲイン派のギタリストにとって、
至高のサウンドを叩き出してくれるピックアップの一つと言えるでしょう。

リードでもバッキングでもしっかりとヌケの良いサウンドながら
適度な中域の太さを持ち合わせたバランスの良さが大きな特徴です。

もちろん、歪みだけで無くクリーンも空間系のエフェクト乗りが非常に良く
高出力ピックアップにありがちな歪っぽい感じは無くソリッドな印象です。

レゾナンスピークは2.25kHzと中高域辺りに設定されていて全体的に
カラッと明るい印象です。

メタラーは一度試した方が良いピックアップの一つです!

EMG-85

ヴィンテージ系を狙った「EMG 58」をハイパワーでローノイズに改良した
モデルです。

リアに81、フロントに85は2ハムの黄金コンビとして多く採用されています。
また、SSHのリアハムとしても懐の深さが大きな特徴と言えるでしょう。

アルニコマグネットが採用で、レゾナンスピークは2.55kHzと81より高めに
設定されていますが、レンジが広く不思議と膨よかさを感じるモデルと言う
印象です。

EMG-60

元々、フェンダー社の依頼で70年代にテレキャスターエリート用の
ミニハムバッカーとして開発したモデルとの歴史的背景がありますが、
実際にはEMGの搭載されたテレは搭載される事が無かったために、
ハムバッカーサイズとして発売されたという歴史のあるモデルです。

当然、カバーはハムサイズでも中身はミニハムなので高域特性に優れた
クリアで抜けの良いサウンドはジャンルを問わず非常に使えるサウンドと
評価が高いモデルです。

レゾナンスピースは2.95kHzとシングルとハムの中間を狙ったモデルと
言えるでしょう。ミニハム構造ながら出力もハイパワーモデルより若干
小さいもののでEMG製品の中ではハムサイズの一般的な機種と同等で
アクティブならではの製品と言えるでしょう。

2ハムの中でのフロントピックアップやSSHのリアとしてなど
以外でも特性の違ったピックアップとのミックスポジションで個性を
出すなど使い所は多くありそうなモデルで管理人も一度試してみたい
機種ですね。

EMG 81・85・60の比較動画です。全く同じギターでリアピックアップに搭載しています。

見た目の違いはそこまで無いのにキャラの違いが明確で面白いですね。

管理人的にはリアは81一択と思っていましたが、
85のオーガニックなクリーントーンや60のミッドレンジに寄り過ぎない
ジャキジャキしたサウンドにも惹かれました!

動画後半の刻みリフでの切れ味鋭い81サウンドはやっぱり最高ですが、
以外と60のエッジの立ったサウンドも面白いですね♪

EMG-58

EMG創世記に開発されたモデルのリバイバル版です。ギブソンの「PAF」ピックアップを
EMGなりに解釈したモデルと言われています。メーカーサイトではP-90の様に太いトーンが
特徴と言われていますが音を聞く限りハムバッカーな印象ですね。

アルニコ5マグネットが採用されていてレゾナンスピークは1.53kHzです。
また、当時のリバイバルなので現行品と比べると若干ですが、ノイズが気になると言う意見も
あるようですね。

傾向としては85と近いサウンドながらローゲインなので、85をリアにする場合にはフロントに
58を持ってくるのも面白そうです。

EMG-89

89はEMGとしての単体製品と言うよりは、シングルサイズのEMGの-SAと
85の音をスイッチ一つで切り替え可能な多機能モデルです。

従来のハムのタップスイッチとは一線を画する構造になっているようで、
SAに切り替えた際もEMGクオリティーのローノイズ設計と
なっているのが大きな特徴と言えるでしょう。

また、それぞれのアウトプットが個別に出力可能でEMGから
発売されているオプションの回路によって様々な拡張性を発揮します。

ただ、デメリットとしてEMGの通常モデルは電池の持ちが
3000時間と表記されていますが、こちらは1500時間と半分になっています。

また、内部ケースのスペース上の問題による音の違いがあると、
実際に使った人の声としてありました。

85やSAのサウンドに惚れ込んでいる人には大きな違いに感じる事も
あるようですが、「1つぶで2度美味しい」的なお得感と一本のギターで
様々なジャンルの曲を演奏したい場合には、パッシブのハムバッカーをタップ配線で
使うよりは使い勝手が良さそうな印象ですね。

レゾナンスピークは2.55kHzでロゴカラーは赤銅(コッパー)、
また、89はSAのコイルは下側に搭載されていますが89Rでは
逆の上側となっているモデルです。


動画を見る限りシングルとハムの音量差はありますが音質の違和感は少ない様に感じますね。

EMG-91


アーチトップギター用ピックアップとして開発された91は、
非常に薄く指板やピックガードに取り付けが可能です。

アルニコ・マグネット採用でこの製品用に開発されたアクティブ回路が搭載され、
レゾナンスピークは2.75kHzとなってます。
ジャズギタリスト向けEMGと言えばコレでしょう!

バッテリー駆動時間が他製品と比べ短い800時間となっています。

モデル名磁石ピークロゴ色ノイズ
81セラミック1.63kHz-100
85アルニコ1.87kHz-101
58アルニコ51.53kHz-100
60セラミック2.20kHz-101
60Aアルニコ1.80kHz-100
89シングルアルニコ3.80kHz赤銅-107
89デュアルアルニコ2.00kHz赤銅-109
91セラミック4.05kHz-101

Xシリーズ

モデル名磁石ピークロゴ色ノイズ
81-Xセラミック1.72kHz-105
85-Xアルニコ1.91kHz-108
58-Xアルニコ51.60kHz-102
60-Xセラミック2.28kHz-107
60A-Xアルニコ1.84kHz-105
89-Xシングルアルニコ3.80kHz赤銅-107
89-Xデュアルアルニコ2.00kHz赤銅-112

管理人の感想レビュー

管理人は過去に「EMG-SA」の3シングル仕様のMoonのストラトを
知人に借りていた事があります。

ただ、スペックとしてはウォルナットボディーとエボニー指板という
いかにもなスペックと言うこともあり、普通のストラトとは割りと違ったので
単純にピックアップだけの音の違いでは無いと思いますが、

やはり、純粋とシングルの音と言うよりは、非常に整ったサウンドでクリーンでも歪ませても
耳障りな成分が非常に少なく滑らかです。

シングルコイルの延長線上のサウンドながら滑らかさを求めるならこれ以上は無いのでは?
と言う印象を持っていますが、反面、持ち味であるコンプ感がワイルドさや生々しさを
若干、殺してしまっている感がありましたね。



あまりギターが主張しまくらない歌モノのバックなどにはバッチリでは無いかと
管理人は思います。

管理人的には、非常にハイファイでスタックタイプのシングルの中では
高域特性も悪くないサウンドだと言う感想を持っていますがヴィンテージっぽさは
求めない方が良いと思いますね。

他には過去にフロイド・ローズ搭載のストラトやアイバニーズの7弦ギターに
搭載されたモデルなど何度か所有していましたが、メタラーには超絶オススメで
一度は体験して欲しいサウンドです。

管理人はHHとしてリアに81、フロントに85のコンビネーションで使っていましたが、
多くの方に支持されるのが良く分かるバランスの良いサウンドだと感じました。

特に81の図太いサウンドながら鋭い切れ味の良さは他では、
あまり類を見ないサウンドの様に感じ未だに根強いファンが居るのも分かる個性的な
モデルだと思います。

定番モデルしか触った事が無いので、ありがちな感想レビューしか出来ませんでしたが、
豊富なラインナップで今後も機会があれば試してみたい所ですね!

管理人が弾いた事のある全ての機種に言えますがノイズがびっくりする程に
少ないです。

まとめ

如何でしたでしょうか?意外と幅広いジャンルに対応したラインナップを
持つEMGピックアップですが、好みのピックアップはありましたか?

この記事があなたのギターライフに良い影響を与える事が出来たとしたら
幸いです。

EMGピックアップの音の秘密である仕組みや構造が知りたい方は
以下の記事からどうぞ!

⇒EMGアクティブピックアップの仕組みと構造!音の秘密を徹底解説!

スポンサードリンク


↓ブログランキング参加中!応援ポチしてくれると嬉しいです