ギターアプリ

どうも、指1ギター管理人です。

今回はチューナーを持っていなくてもスマホさえあれば
チューニングが出来るギター向けのチューニングアプリについて
解説しようと思います。

スマホのチューナーアプリって無料だったりするし本当に大丈夫なの?
使えるの?って言う疑問にも、この記事で解説しています。

では、早速いってみましょう!

ギターチューニングアプリの使い方と注意点!

BOSS TUNER APP

ギターチューナーアプリは、ほとんどの場合スマホのアプリとして
立ち上げるだけでチューナーとして機能
します。

スマホのマイクを音声入力として、スマホのディスプレイが
チューナーのメーターになるタイプがほとんどです。

iosとAndroidの両方で使えるアプリが増えている印象ですが、
若干ios対応アプリが多い気がしますね。
アイフォンユーザーの管理人としてはありがたい所ですね。

最近では無料なのに性能が高いアプリが多く出回っていて、
ギター講師である管理人の生徒さんも実際に使っているのを良く目にします。

チューナーアプリの弱点と対策!

管理人が感じるチューニングアプリの最大の欠点として、
スマホのマイクがギター以外の雑音も拾ってしまうとチューニングどころでは
無くなってしまう事です。

この事から、常に周りが騒がしい状態になることが多い、
バンド練習には絶対的に不向き
です。対策としては、



ちなみに、上記のアプリチューナー用のクリップ型の
ピックアップを使えばクリップチューナーの様に周りの雑音に
惑わされずにチューニングする事も可能になります。

ただ、価格的には割と性能の良いクリップチューナーが
一台買えてしまう様な価格なので、管理人は管理人はこの製品を
試したことはありません。

ただ、クリップチューナーを良く無くしてしまうとか
ギター関連の小物を極力、減らしたいといったケースなどには、
こちらの製品を使ってみても良いかも知れませんね。

さすがにスマホは無くさないと思いますのでね。(汗)

この事から管理人的にはギター用のチューニングアプリは
自宅や個人練習用としてや、チューナーを忘れてしまった場合の
サブとして使うのなら良いとは思いますが、

チューナーはアプリのみと言うのは少し心もとない気もしていますが、
使用するプレーヤーの環境によっても異なりそうですね!

チューニングアプリのトラブルシューティング!

スマホ 疑問 トラブル

チューナーアプリを使っていて困ったことなど、
トラブルがあった場合の解決法や、

そもそも精度とかって大丈夫なのか?といった疑問を
実際に使ってみて検証してみました。

チューナーアプリが反応しない場合!

ほとんどのチューナーアプリを起動する時に
マイクの設定を求められますが、その時に適切に設定しなかった場合には
スマホの前で、幾らギターの音を鳴らしても反応しません

また、チューナーアプリによっては起動するだけでは
無く起動してから特定の操作をしないとチューナーとして動作しない
アプリもありました。

管理人が試した中では「楽器チューナーLite」は
画面の音叉マークをタップすることではじめてチューニングが
可能になる仕様となっていました。

他にも多機能モデルだったりすると、
操作が複雑だったりする可能性も高いので、アプリ内に説明書がついていて
日本語対応だとトラブルがあった時に分かりやすいですね。

また、無料アプリの場合は特に製造元に不具合の問い合わせをしても、
無回答だったりする事も多いので、その辺りも無料アプリだと言う認識を持って
使うのが良いと思います。

アプリをダウンロードする前に口コミによる評判を
チェックしておくと意外な事実が分かることもあるので
オススメですね!

チューナーアプリの反応が悪い場合!

ネットの口コミ以外で知人などでも、
実際に多いのがチューニング自体は出来ないことは
無いけど反応が悪いと言う意見です。

管理人の場合はエレキギターの生音でチューニングすると
反応が悪い場合が割と良くありました

この場合はアプリ側のマイクの感度を調整可能な
アプリであれば、操作することで問題がなくなる場合も
ありました。

管理人が試した中では「BOSS Tuner APP」などが、
マイク感度の調整が可能でしたね。

マイク感度の調整で何ともならない場合は
アンプを通した音でチューニングすると、問題なくなる事が
多かった
印象ですね。

アコギやウクレレなどアコースティック楽器では、
そういったトラブルは少なかったので、単純に音量の
問題だと思います。

また、エレキ生音の時に特に顕著に反応が悪いのが低音弦で、
特に6弦は反応がすぐに消えてしまったり、クリップチューナーと比較すると
微妙に音程もズレている事があったりしました。

アプリ開発者の話では、スマホに搭載されているマイクが
特に低音の反応が悪くなってしまう事が多いそうです。

特にアイフォンのマイクは低音を拾う精度が悪い
と言う意見も聞いた事があるので、この影響なのかな?
とも思いました。

確かにスマホで歌ってみたや弾いてみたを撮りたい人は、
専用のマイクを仕様すると言う声も多くあるのもそういう訳なんでしょう。

ちなみに、これは有料アプリでも同じ現象がある時はあったので、
アプリ側の問題と言うよりもマイクの問題だと管理人は考えています。

管理人が実際に試したアプリをレビュー!

ここからは実際に管理人が試してみたことがある、
アプリをレビューして評価してみます。

チューニングの精度はアリアのクリップチューナーを
使っていますが精度±1セントの良くあるタイプです。

楽器チューナー Lite by Piascore

700万人のユーザーを抱える人気アプリです。
非常にシンプルな機能・操作性とヴィジュアルを持った
クロマチックチューナーです。

クロマチックチューナーなので半音下げやドロップDなどの
変則チューニングも音程を理解していれば可能です。

変更可能な機能として壁紙の色を4色、
5段階のマイク感度とキャリブレーションの周波数は380~480ヘルツから
基準音を選択可能です。

設定した基準音はAだけで無く12音階スマホから出す事も出来ます。
ただ、多くのチューナーアプリに搭載されているオートモードがありません

少し分かりづらいのが画面上の音叉のマークをタップする事で
チューナ機能がONになり音を拾います。
恐らくアプリつけっぱなしによる電池の浪費も防ぐための機能では
無いでしょうか?チューナが反応しない時はチェックしましょう!

また、無料版は画面に広告が表示され、
見やすい画面の横向き表示は480円の有料版のみで、
有料版は更に高精度なチューニングが可能になる機能が
多数用意されているようです。

音の反応は感度調整してピッタリ来る所を選べば
悪くは無いですが、やはり生音の6弦は反応が弱い時が
ありました

反応が悪い時は合わせにくいですが、
精度的にもクリップチューナーと比較して
特におかしいとかは無かったですね。

立ち上げてすぐにチューニング出来る
シンプルなチューナーが欲しいならオススメです。
ちなみにi-osのみです。

⇒Tuner Lite はこちらからダウンロード

BOSS Tuner APP by BOSS

プロのペダルボードでも目にすることがある、
BOSS TU-3とTU-3Wがそのままのルックスで選択可能なアプリです。
管理人的にはBOSS TU-3のルックスは馴染みが深いので好みですね。

クロマチックチューナーなので、
オートモードなど楽器に特価した設定は出来ませんが、
♯か♭どちらを表示するかを選択する事が可能となっています。

マイクの感度は7段階から調整可能で、
キャリブレーション周波数は415~465Hzから基準音を
選択可能です。

少し小さめの表示で見つけにくいですが、
左下にある音叉のマークをタップすることで
音を鳴らす事も可能です。

また無料アプリなのに広告表示が無いのも
嬉しいところですね。






分かりやすい日本語マニュアル付きなのも
初心者向きと言え非常に簡単に使えます。

エレキの生音の場合は反応が若干にぶいですが、
合わせれない事はないですね。

精度もクリップチューナーと比較して
特に問題もなかったですね。

BOSS好きなら迷わずインストールしたくなるはずです。

I-osはこちらから⇒BOSS TUNER APP

Androidはこちら⇒BOSS TUNER APP

Guitar Tuna by Yousician Ltd.

メトロノーム機能とギターコードダイアグラムが見れる
コードライブラリも無料で見ることが可能な多機能モデルです。
愛用ユーザーも2000万人以上と大人気アプリですね!

チューニング画面にギターヘッドが表示された独特のビジュアルで、
音程が合うと「ピピっ」と音が鳴るので初心者でも楽に扱えます。

普通の6弦ギターと7弦ギター、12弦ギターやウクレレなどの
多くの楽器でのオートモードでチューニングが可能です。

ただし、無料版ではクロマチックモードは無く半音下げや
ドロップDなどの変則チューニングは出来ません

マイクの感度は選べませんが、
キャリブレーション周波数は415~466ヘルツまでの
基準音を選択可能です。

広告は無いですが、画面に常に有料版へ移行するためのバナーが
挿入されていますね。

有料版は高精度なチューニングが可能になるのとは別に、
周りの雑音を排除するバックグラウンドノイズリダクション機能も
搭載される様です。

ただ、50円/月の定額課金となっていますので、
チューナーとして永続的に使い続けるならコスパは微妙ですね…。

管理人の使った印象だとエレキの生音は、やはり6弦の反応が
少し悪い気がします。

アコギやアンプを通した音だと問題なかったですが、
オートモードで「ピピっ」音を頼りに素早くチューニングすると

クリップチューナーと比較すると微妙にズレている事があったので、
しっかりと真ん中で安定するのを目視してチューニングした方が
良い気がしました。

i-osはこちらから→Guitar Tuna
Androidはこちらから→Guitar Tuna

Fender tune

フェンダー社のチューナーアプリです。クロマチックモードと
複数のオートモードが搭載されていて、各弦個別にチューニングする
マニュアルモードも搭載されています。

半音下げやドロップDの変則チューニングはもちろん、
様々なオープンチューニングも可能でチューニングのバリエーションが
無料版なのに非常に多い
のが特徴です。

Guitar Tunaと同じく各弦毎にチューニングが成功すると
「ピコっ!」と音が鳴りますが、キャリブレーションの変更と
マイク感度の設定は出来ません。

有料版のプロチューナーでは65種類オートモードと更に
正確なチューニングが可能となり、キャリブレーションの変更も
可能となるようですね。

生音での低音弦側の反応は、やはり悪いですが、
アンプを通した音での精度はそれほど悪くは無かったです。

i-osはこちらから→Fender tune
Androidはこちらから→Fender Tune

高機能な有料アプリ

ここからは高機能ですが、有料のチューニングアプリを
紹介していきます。

TC Electronic PolyTune

管理人も所有しているTCエレクトロニクスの
ポリチューンのアプリ版です。

ポリフェニックモードと呼ばれる複数の弦を
一気に鳴らしても各弦を認識してくれる
モードが最大の特徴で
短時間でのチューニングが可能になります。

チューナーを忘れてしまった場合は管理人はコレを使っています。
有料ですが、多機能なわけでは無いですね。

反応は無料アプリと比較して安定している印象はありますが、
ずば抜けて良い訳では無く周りがうるさいとチューニングは出来ません。

i-osのみで600円となっています。

i-osはこちらから → PolyTune

IbanezTuner 

IbanezTuner

7弦ギターのパイオニア的存在のアイバニーズからは、
多弦ギターに対応したチューナーアプリが販売されています。

重低音にも素早い反応を示す独自アルゴリズムは、
有料アプリならではですね。

また、ユーザープリセットも保存可能で独自の
チューニング設定が保存することも可能となっています。

i-osのみ対応で利用ユーザーは、まだ多くは無いようですが、
低音弦のチューニングの反応の悪さが気になるなら
試してみる価値はあるかも知れないですね!

価格は360円です。

i-osはこちらから → IbanezTuner

高精度 カワイ

ピアノで世界的な知名度を誇るカワイからは、
何とストロボ表示による、チューナーアプリが販売されています。

チューニングの音程検出精度は±0.1セントと、
アイフォンで可能な上限値だそうです。

ハードのチューナーの多くは±1セントな事を
考えるとかなりの高精度チューニングアプリと言えるでしょう。

価格は240円で、i-osのみに対応しています。
口コミを見る限りギター以外での使用や
オクターブピッチ合わせなど高精度のチューニングな
必要なケースに使われていることが多いようですね。

i-osはこちらから → KAWAI チューナー 

IK Multimedia UltraTuner

デジタル機器やソフトウェアメーカーの
IK Multimediaからは大型のストロボチューナーをも
凌ぐ超高精度の±0.01セント(1/100)のチューナーアプリ
販売されています。

カワイの宣伝文句としてアイフォンの精度上限は
±0.1セントとの事なので



動画を見る限りiRigとの併用なら±0.01セントと
言うことでしょうかね?

価格は1200円とお高めなので、
ギタリスト用と言うよりはリペアマンやエンジニア用なのかな?
と思いますね。

今の所、これより精度の高いチューナーは見当たりませんが、
普通に使うなら、ここまで高精度のチューナーが、
必要になる場面はあまり無いでしょうね。

i-osはこちらから → UltraTuner 
Androidはこちらから → UltraTuner 

まとめ

如何でしたでしょうか?

管理人的なギター用のチューニングアプリとの
付き合い方を解説させていただきましたが、

人それぞれの環境などによってはアプリで十分と言う人もいれば
クリップ式やペダル式が良い又はもっと多機能なモデルが良いと
ニーズは様々あると思います。

アプリにもそれぞれとメリット・デメリットがあり、
求めるものによって違いますので、皆様の本当に必要なものを
チョイスして下さいね。

たかがチューナですが、
一度入手してしまうと長い付き合いになることが多いと
思いますのでじっくり選んで下さいね。

管理人的には無料アプリならクロマチックモードが可能な
BOSSが細かな設定が出来る上に広告も無く快適に使えて見た目も
良いのでおすすめです。

では、この記事があなたのギターライフの
お役に立てれば幸いです。

スポンサードリンク


↓ブログランキング参加中!応援ポチしてくれると嬉しいです