ついこの間ヴィンテージエフェクターを試奏する機会が
あったので、感想を備忘録的に記事にしておきます。

ヴィンテージエフェクターと言えば、
TS系やBOSSのOD-1など色々とありますが、
ラージケース時代のプロコのラットを見かけ、
何となく弾いてみました。

ディストーションペダルに関しては、
BearFootと言うエフェクターブランドの
ダイナレッドディストーションを普段はメインに
使っています。

RATといえば今でも売っているRAT2が有名で、
未だに高い人気を誇っていますし私も
かなり昔に手にした記憶があります。

現行品との音の違いとは?

その最初期型がラージケースのラットというわけです。
筐体は無骨で何かオーラを感じましたが、
果たしてサウンドはと言いますと、

これが想像していた印象とかなり違いました。
過去にRAT2を使っていた記憶だと、
音が潰れすぎる所とトーンの設定で美味しい所を
見つけるのに苦労した記憶があったのですが、
トーンを割りと絞ってもしっかりと抜けてくれるサウンドでした。



トーンを開いても、
現行品とは違いって高音域も耳に痛い成分は
あまり感じませんでした。

私のRATの印象はどちらかと言えば暴れん坊なイメージでしたが、
ヴィンテージラットは良い意味でふくよかなサウンドだと感じました。
とは言え独島のブーミーなエグさは持っているので、
個性的なサウンドで使い所はあると思いますし
激歪~クランチ程度まで非常に好みのサウンドが出せました。






このエグイんだけど、どこか優しいって言うのは
パーツの問題なのか?回路の問題なのか?
それとも経年変化?何が原因かはエンジニアでは無い私には
分かりませんが本当に不思議ですね!

エフェクターのヴィンテージが良い?

ヴィンテージギターにも通じる部分があると思うのですが、
何故ゆえ現行品はここまで違うのか?と思います。



ただ、ヴィンテージギターでも当たりハズレがあると言う話を良く聞きますが、
エフェクターでもあるのでしょうか?
昔の製品なので電子機器とは言えバラツキがあるのかも知れませんね。

今回は目玉が飛び出る程の価格だったので
試奏だけにしましたが、現行モデルとして
あの音を再現すればRAT2とは違った個性として需要は高い思います。

私個人の考えですが、
ヴィンテージでも現行品でもメーカーが目指す音が
良ければ後は個人の好みの問題だと思います!

RAT2がロングセラーを飛ばし続けているのも、
やはり元々の開発コンセプトにあったサウンドそのものが
受けているのだと思いますね。

このラージモデルの復刻モデルも一時期販売していた様なので、
機会があれば触ってみたいですね!

エフェクターもヴィンテージものには何とも言えない、
人を引きつける魅力がある
と思います。
皆様も機会があれば是非一度お試しすることをオススメします!

ただ、ヴィンテージだと言うだけで、
異様に価格が高い場合は、
よほどサウンドが気に入ってしかも使用頻度が高くなければ
購入は今回のケースの様に見送る場合が一般的では無いでしょうか?

スポンサードリンク


↓ブログランキング参加中!応援ポチしてくれると嬉しいです