前回のドレミファソラシドの真実では、
音の読み方と表記のついて解説しましたが、
今回はコードについて解説致します!

皆さんは「トライアド」と言う単語を聞いた事はありますか?
日本語に直すと「三和音」と言います。

和音と言う事はコード!
しかも3と付くことは3つの音を重ねたコードじゃないか?

とイメージ出来れば、
かなり勘が良いと思います!

ここまでの話は間違いではありませんが、
もう少し突き詰めると、

ルート + 3度 + 5度

のコードを指します。
3つの音は3の音でも何でも良い訳では無く
1-3-5で無ければなりません。

ちなみにロックギターで良く使われる
パワーコードは別名、5度コードと言われ、

ルート + 5度

になりますので、
よくよく見てみるとトライアドの省略コードとも
捉えられる訳なんです。



度とは?

ここでサラっと新たなワードが出てきましたね。

「度」

です。度って何?となったかも知れませんが、
度は前回のドレミファソラシドのインターバルで
並ぶ音階を数字で番号をつけたモノになります。






要するにCメジャースケールであれば、
インターバルも含めると、

C       D   E    F   G  A   B
1度     2度   3度     4度      5度  6度   7度
(ルート)
         -全-      -全-     -半-        -全-     -全-  -半-

となります。
この場合におけるトライアドは、




C – E – G
ド  ミ  ソ

という事になります。
ただ、トライアドにはもう一つのトライアドがあります。

2つのトライアド?

マイナーのトライアドです。

マイナーのトライアドとメジャーのトライアドの
決定的な違いは3度までのインターバルです。

実はルートから数えてインターバルが全-全となる
ギターのフレットで言えば4フレットブリッジ側の音を
ルートから見ると長3度(メジャーサード)と言います。
明るい響きの秘密は3度にあった訳なんです。

では、ここをマイナー(暗い響き)にする為には、
インターバルを全-半または半-全となる、
ギターのフレットで言う所の3フレットブリッジ側の音に
置き換えます。

そうすると短3度(マイナーサード)に変化する訳なのです。
長3度から見れば半音下げる(♭)だけです。

厳密い言えばトライアドは他にもあるのですが、
ここでは表裏がハッキリしたマイナーとメジャーの違いと
考え方をしっかりと覚えておきましょう!

ちなみに5度の音はどちらも変わりません。
この事からパワーコードはどちらのコードでも
指の形を変えずに使える為シンプルな響きながらも
使い勝手の良い便利なコードと言えるでしょう。

トライアドの演奏アプローチとしては、

  • 和音でストロークやカッティング
  • 分散和音(アルペジオ)
  • 単音で和音を分けて弾く

などが一般的ですが複合技やソロアプローチでも
トライアドの音を狙えばコード感のあるリードが取れるなど
基礎~応用まで活用の幅はかなり広いので、
理論として理解して置くことで恐れずに弾けるように
あなたの助けになる事でしょう!

スポンサードリンク


↓ブログランキング参加中!応援ポチしてくれると嬉しいです