以前の記事ではフェンダー・ストラトキャスターについて、
解説しましたが、今回はフェンダー社初の
ソリッドギターである「テレキャスター」の歴史について記事にまとめてみました。

前回の記事でも述べさせいて頂きましたが、
テレキャスターはストラトキャスターと並ぶ
フェンダーの大人気機種ですが、その魅力はある意味で正反対だと
私は考えます。

当時のエレキギターと言えばギブソン社の様な、
箱モノギターが主力でしたが、実はレオ・フェンダー氏は
それらの製品を真似て作れる機材や技術は持っていなかったと言われています。

それなら、もっともっと効率的でシンプルな構造の
エレキギターを作ってやろうと自身の持てる技術とノウハウを
フル動員させて開発したギターこそがテレキャスターなのです。

この事からも分かるように彼の独創性は唯一無二で、
エレキギターの歴史を変えた重要人物であるのが分かります。

実は1950年の米国最大の楽器展示会である、
ナムショウで当初は「エスクワイア」と言う名称で発売が
アナウンスされました。

ギブソン社の様なアーチトップ構造も無く、セットネックでも無い、
パッと見ると棒の様なワンピース構造のネック材が
4本の金属ネジで、これまた板切れの様なボディーに固定されていると言う
今となっては、お馴染みのスタイルですが、
当時の常識では考えられない独創的なエレキギターを産み出したのです!

では、テレキャスターの特徴と名称にまつわる歴史的な
流れを解説していきましょう!

メイプルネックの力

しかし、レオ・フェンダー氏のオリジナリティーは、
これだけではありません!
圧倒的な合理化と効率化を求めたレオ氏は、
当初のモデルのネックにはハードロック・メイプル材を採用した事から
トラスロッドを仕込んでいなかったのです。

これはギブソン社のマホガニーとは違い、
強度の高いハードロックメイプルならトラスロッドは
不必要だろうと考えていたからだと言われています。



ただ、当時のユーザー側の立場に立った場合には、
強度が十分でもトラスロッドが無いネックのギターは安物扱い
扱いされ商品の信頼度も低く見られる風潮にあった為に、
一度、出荷したテレキャスターを回収しトラスロッドが仕込まれた
ネックに交換したと言われています。








確かに古いフェンダーギターのネックは非常に硬質な
手触りがすると私も幾つかビンテージギターを触った時の事に感じていたのですが、
レオ・フェンダー氏の設計図では硬い木を使う理由の一つが
トラスロッド不要論だった訳なのだと納得する話ですね!

もしも、トラスロッド無しのネックが搭載されたエスクワイアが
見つかったとしたらレア過ぎてもの凄い値段が付きそうですね。

ボディー材

また、ボディーも当初は安価なパイン材で塗りつぶしの黒のフィニッシュだった
そうですが、木目の美しいアッシュボディに変更され、
ブロンドカラーのシースルー塗装となり、見た目の高級感も増しました。

現在では、アルダーボディーのテレキャスターも多数販売されていますが、
やっぱり歯切れの良さと太さを兼ね備えたサウンドはアッシュボディーならではだと
私は考えますし一般的な仕様も、やはりアッシュボディ、メイプルネックでは無いでしょうか?

もちろん、真の改革者であるレオ・フェンダー氏や
意思を受け継いだフェンダー社はこの後には様々な材や構造の
テレキャスターが登場しますが、原点はコレなのです!

ピックアップ

エスクワイアはリアピックアップ一発でしたが、
フロントピックアップも追加したバージョンも実は開発されていました。

金属のブリッジに固定されたリアピックアップの
メタリックな響きが加味された抜けるサウンドとは対象的に
金属製のカバーが付けられたフロントピックアップは、
太くウッディーな響きを得ることに成功しています。

基本的に、その後のフェンダー製品を見る限り、
一つのギターに二種類のピックアップが搭載されているのは、
後にも先にも、このモデルのみです。

ブロードキャスターとテレキャスター?

当時は、この2ピックアップのモデルも「エスクワイア」として
販売する予定だったそうなのですが、
差別化を図る為に「ブロードキャスター」と名付けられました。
ただ、当時のグレッチのドラムと名称がカブる事から1951年に申し立てられ、
「テレキャスター」とモデル名が変更されました。

この事から50年製のヘッドにはブロードキャスターと書いた
ロゴ・デカールが貼られている訳なのです。
ちなみに51年製の後半にテレキャスターデカールに変更される
までの間にはモデル名無しの所謂ノーキャスターが
僅かですが出回ったと言われています。

この後もフェンダー社から初めて販売されたエレキギターとして、
様々な仕様変更がなされたり、名プレイヤーによる
奏法開発により様々な改造が施されたりする訳ですが、
それらの紹介はまた、機会があれば記事にまとめて見ようと思います。

スポンサードリンク


↓ブログランキング参加中!応援ポチしてくれると嬉しいです