PRS santana se サンタナSE
Photo by Joe Le Merou

どうも、指1ギター管理人です。
今回はPRSのピックアップの歴史と音の特徴や傾向を
レビューや考察も含めてまとめてみました。

PRS社は小さなパーツにおいても徹底的に拘った
自社生産をしている数少ないメーカーです。

もちろんピックアップにも並々ならぬ情熱が
注がれいる様なので、時代と共に
変わるサウンドの過程を見てみましょう!

ちなみに、PRS社は事業が拡大してから
自社ピックアップ制作をやり出したわけでは無く、
ブランド立ち上げ当初から作っていた
様で、

ある意味エレキギターサウンドの心臓部である
ピックアップにもポール氏が拘るわり情熱を注ぐのは
必然だったのかも知れませんね!

では、いってみましょう!

PRSピックアップの歴史と特徴

Standard TREBLE Standard BASS

1985年に創業された最初期のPRSギターには、
Standard TREBLEとStandard BASSと言うモデルが
取り付けられていました。

このピックアップは1991年辺りまでの
PRSギターに搭載されていたと言われています。

スペックとしては、

Standard(Bass)Standard(Treble)
直流抵抗値8.5KΩ11KΩ
マグネットアルニコ2アルニコ5

となっています。



最初期のピックアップでレア品ですが、
現代でも入手は可能な様で専門店や
海外オークションを見ると
稀に出品されていたりしますね。

ちなみにPRSピックアップは、
フロントはBASS、リアはTREBLEと表記されます。

↑の動画はド派手なペイントが施された1985年製のPRSですが、フロント・リア共に
スタンダードピックアップが搭載されています。
5wayロータリースイッチによる多彩な音色と溢れるパワー感は
今のPRSとも通じるものがありますね!

HFS VINTAGE BASS

前述のスタンダードピックアップに手を加えて
完成したのが、PRSギターとして大ヒット作となった
カスタム24のサウンドとして知られる
HFSとVINTAGE BASSだと言われています。

スペック的には以下の様になっています。

VINTAGE BASSHFS
直流抵抗値8.5KΩ15KΩ
マグネットアルニコ2セラミック

リアに推奨のHFSは、
強烈な個性を持つサウンドで図太いミドルレンジを持つ
ハイパワー系ピックアップです。

一方フロントピックアップ推奨のヴィンテージベースは
出力を若干落としつつ太く甘いサウンドが出る様に
設計されていています。

これはカスタム24のフロントピックアップの位置が
カスタム22や通常の22フレット仕様のギターと比較して
フレット2つ分ブリッジ側による為に

普通のフロントピックアップだと
太い音が出にくいことを考慮して甘めのサウンドに
チューニングされていると考察されることが多い箇所です。

ハイパワーで図太いリアピックアップとマイルドで
甘いフロントとバランスの取れたサウンド
です。
ちなみに管理人はPRSと言えば、このセットのサウンドが
デフォルトになっています。

特にハードロック~モダンヘヴィネスや激しい音楽には、かなりハマります。
また、PRS独自の配線で擬似的にストラトやテレキャスっぽい
ハーフトーンサウンドも出すことが出来るので、
ただのハイパワーギターとは一線を画す多彩なトーンを操ることが
可能なギターとして世界的に認知されたのだと思います。

↑はPRS・カスタム24にHFS&VBセットとドラゴン2セットを搭載した2本のギターによる比較動画です。
ハイパワーでハイゲインなHFSですが、VBとのセットでファンキーなサウンドまでカバーしていますね。
ドラゴン2はこれより先の記事で紹介しますが、あたたかいサウンドですね!

Artist Treble Artist Bass

1991年~96年辺りまで販売されていた
PRSギターのハイクオリティーモデルでもある、
アーティストシリーズに搭載されることになったのが
アーティスト・ピックアップです。

現在では生産完了品ですが、
過去にアーティストⅤとして復刻された場合には
アーティストⅤピックアップが搭載されていたと記憶します。

現在は入手困難なアーティストピックアップですが、
実は管理人は所有しています。

一説によればHFSに手を加えて改良したモデルとのことですが、
管理人の印象では出音は別物だと思います。

非常にクリアながらも枯れた中域がとてもスイートなサウンドを持っています。
カスタム24に搭載していますが、HFS&Vintage Bassから載せ替えると
パワーも落ちて別のギターになった様に感じる位に違ったサウンドです。

パワーが弱すぎるわけでも無いので、
HFS&VintageBassよりナチュラルなサウンドを狙う場合には、
かなりオススメ
です!

スペックとしては、

Artist(Bass)Artist(Treble)
直流抵抗値8.5KΩ9KΩ
マグネットアルニコ4アルニコ4

となっています。

↑はアーティストⅤのサウンドサンプル映像です。

Dragon TREBLE Dragon BASS

その後に1992年に登場したのがDragonと呼ばれるピックアップです。
管理人の記憶では標準では、カスタム22に搭載されていた
ピックアップだったと思います。

このピックアップは現在でもPRSの最高ラインである
「プライベートストック」ですら、ほぼ注文出来ないとも
言われる芸術的なインレイワークを駆使した

傑作ギター「ドラゴン」に搭載する為に作成した様で、
サウンド的にはモダンなタイプのピックアップと比較すると
若干出力が抑えられヴィンテージ風の太いニュアンスがある印象
です。

また、現在では後継機種の「ドラゴンⅡ」が現行品となっていますが、
初代の「ドラゴンⅠ」より更に出力が下がっている様です。

ドラゴンⅠとⅡの大きな違いはリアピックアップの
マグネットがHFS同様にセラミックを採用していることにある様です。
フロントはⅠ、Ⅱ同様にアルニコマグネットですが、
こちらもやはりⅠの方が若干ですがハイパワーな様です。

管理人はカスタム24にドラゴンⅡを搭載したことがありますが、
HSF&VBセットと比較すると、かなりマイルドで甘めのサウンドに
なった印象でした。

アーティストピックアップとも違った印象のサウンドなので、
HFSの癖が苦手な場合には候補として検討するのも悪くは無さそうです。






管理人は、あまり好みのサウンドでは無かったので、
今は手放しています。

ちなみにスペックですが、

Doragon Ⅰ(Bass)Doragon Ⅰ(Treble)Doragon Ⅱ(Bass)Doragon Ⅱ(Treble)
直流抵抗値8.08KΩ19.10KΩ8KΩ12KΩ
マグネットアルニコ4セラミックアルニコ4アルニコ4

となっています。

↑はCE-22に搭載されたドラゴン1と2の比較動画です。
1はリアの太いミドルレンジが若干、HFSを彷彿とさせますが
若干、スッキリした印象でしょうか?

2は比較すると全体的に暖かいサウンドながら抜けも悪くは
無さそうな印象を受けました。

機会があれば、どちらも試してみたいピックアップですね!

McCarty  Treble McCarty Bass

PRS McCarty (マッカーティー)
Photo by Pierre Journel

1994年から発売された
マッカーティーシリーズのギターに搭載された
ピックアップはDragonをベースに作られたと言われていますが、

かなり低出力でこれまでモダンなサウンドが主流だった
PRSがヴィンテージサウンドを狙ったモデルと考えて間違い無いでしょう!

スペックとしては、

McCarty(Bass)McCarty(Treble)
直流抵抗値8KΩ9KΩ
マグネットアルニコ4アルニコ4

となっています。

PRSでヴィンテージ・ギブソン風のサウンドが欲しい場合には
選択肢の1つとして考えても良さげなモデルですね。

ただ、PRSのカスタムシリーズになれている人には、
パワーが足りなくて弾きにくいと感じる声も少なからず
ある
ようです。

↑の動画はPRSオフィシャルのマッカーティーモデルのサンプル映像です。
カスタムシリーズと比較すればピックアップだけでは無く全体の作りがギブソンに寄せている様です。
かなりクリアながら太いハムバッカーサウンドですね。
PRSでヴィンテージ系ならこのモデルを検討するのが良さげですね!

#6 #7

シングルカットモデルの発売時に開発された
#7は当時PRS史上最高のピックアップとの呼び声も高かった抜群のサウンドです。
私もシングルカットトレムに搭載された#7のオープンタイプである#6のサウンドはお気に入りです。

HFSと比較すると抜けが、かなり良くピッキングニュアンスが出しやすい印象です。
HFSほどでは無いですがパワーもありクリーンから歪みまで
バランスの良いサウンドが特徴です。

スペック的には、

#7(Bass)#7(Treble)
直流抵抗値7.36KΩ8.44KΩ
マグネットアルニコアルニコ

となっています。

一時期、プライベートストックにも
#6又は#7が採用される事が多いと言われており、
このピックアップのファンが多いのが原因ではという説が有力です。
管理人的には確かに頷けるサウンドだと思います。

他にも#7のバリエーションとして
#8 #9 #10まであるらしいです。

また513モデルの様な完全独自路線のピックアップなど
新しい可能性への飽くなき挑戦もしていることから
これからもドンドン我々を驚かすサウンドを叩き出してくれるのでしょう。

↑は現在では廃盤となったPRSシングルカットトレムでのサンプル映像です。
ピックアップは管理人もお気に入りの#6です。
フロントでも、しっかり抜けてくれるのにぶっといサウンドですね。

Tremonti Treble Bassピックアップ

日本での知名度はイマイチですが、
海外では超大物ヘビーロックバンドである、
クリードのギタリスト「マーク・トレモンティ」
シグネイチャーモデルに搭載されているピックアップです。

リアピックアップはPRSギターの中では最高出力の
アウトプットを持つハイパワーモデルで、
非常にアグレッシグでパワフルなサウンドと評価されています。

マーク・トレモンティのプレイスタイルに
マッチする様に作られた特製のピックアップですが、
HFSでも物足りないと不満がある場合には、
良い選択肢となりそうです。

スペックとしては、



Tremonti BassTremonti Treble
直流抵抗値7.3KΩ15.42KΩ
マグネットアルニコ4カスタムマグネット

でロータリー&ブレードどちらの5Wayスイッチにも
3Wayトグルスイッチ+タップのどちらの回路でも使用可能です!

↑マークトレモンティモデルのサンプル映像です。
かなりハイパワーで図太いサウンドですね。

今尚、進化するPRSピックアップ

ちなみに廃盤になっていないHFSの現行品モデルでは、
指板のアールに合わせた形状でエスカッションにピッタリの
サイズになるようにアップデートされています。

管理人も新形状のHFSを載せたカスタム24を所有していますが、
この事から元のサウンドから逸脱すること無く
HFSの膨らみやすい低音をタイトでカッチリしたサウンドに
若干ですが補正している印象を持っています。

また513モデルの様な完全独自路線のピックアップなど
新しい可能性への飽くなき挑戦もしていることから
これからもドンドン我々を驚かすサウンドを叩き出してくれるのでしょう。

今後のモデルでの新開発や過去モデルの再販などもあれば楽しみですね!
また機会があれば様々なモデルのピックアップを
所有のPRSに搭載してレビューしてみますのでお楽しみに!

最新版の交換用PRSピックアップをまとめた
記事に興味がある人は以下よりどうぞ↓

⇒PRSピックアップの違いと特徴を徹底比較!おすすめはコレ!

関連記事


⇒ギターピックアップ、選び方の全知識!

⇒エレキギター用ピックアップの種類と仕組み原理を徹底解説!

⇒PRSギターの種類と特徴とは?モデル別比較と徹底レビュー!

スポンサードリンク


↓ブログランキング参加中!応援ポチしてくれると嬉しいです