PRSギターと他のメーカーのギターとの違いは沢山ありますが、
私が最初に見た目的にもインパクトがあるなーと思ったのは、
真っ黒のナットです。

今まで持っていたギターの大半が
白いプラスチックか牛骨の乳白色のナットが搭載されていました。

実はナットは弦振動をネックに伝える為のパーツとして
重要な役割を持っているので素材の持つ音響特性は
少なからずアウトプットされるギターサウンドに影響を与えると考えられています。



私は当初、黒いのでカーボンか何かだと思っていましたが、
調べて見ると、どうやら合成樹脂から作られた完全にオリジナル仕様の様でした。

PRSの創始者であるポール氏もナットがサウンドや演奏性能に
与える影響は大きいと考えているらしく、
大きな拘りを持っていることから自社開発した様です。

ポール氏の話では、上質な牛骨ナットのサウンドを持ちながら
滑りを良くする目的を持って研究を重ね行き着いた先が、
この黒いナットだったと言うわけなんです。

確かに牛骨ナットだと天然由来の部品となるので、
個体差を持っているのは避けられないですよね?






恐らくことことから同じ質の音響特性が得られる、
人口樹脂にしているんでしょう。

PRSを試奏する時にいつも感じるのが、
個体差が小さいと言うより異様にダメな個体を、
あまり見つける事が無いと言うことの
秘密の一つはナットだったのかも知れないですね?

またチューニングの安定感が良いのも滑りやすさや
ネットの精度の高さが影響しているのでしょう!
私のPRSギターも、よほど激しくアーミングしないと
アームの動作でチューニングが気になったことはありません。



ちなみにPRSナットの合成樹脂ですが、
基本的にはプラスチックやガラス繊維だそうですが、
金属粉が混ぜられる事で良いトーンを得ているという
話を楽器屋さんで聞いたことがあります。

ただ、PRS自体はナットが何で出来ていて、
その様な配合なのかは正式に発表した事がない所を
見ると企業秘密なのでしょうね!

更にモデル毎やネックのタイプに合わせて
大きさや厚みが違うでそうなのですが、
驚きなのが、初期の頃と今とでは質感などが変わっている
という情報もあるという事は、
ナット一つとっても、まだまだ改良している可能性が高いのです。

ポーツ氏の音への強烈な拘りは、
木材やピックアップなどの主要なパーツだけでは無く、
こんな所にも垣間見ることが出来るとはPRS恐るべしです。

スポンサードリンク


↓ブログランキング参加中!応援ポチしてくれると嬉しいです