前回紹介した弦高を下げることで
ギターの演奏性を上げる方法ですが、
実はエレキギターの様にサドルやブリッジを手軽に
調整出来る事が前提ですが、
今回お知らせする方法ではアコギでも有効です。

その方法とは今、自分のギターに張っている
弦をより細いゲージへと変更する事です。

弦のテンションとは一般的には、

  • ネックのスケール=長さ
  • 弦のゲージ=太さ
  • チューニング=張り

で決まります。
この中から気軽に変更出来るとすれば、ギター製作の
プロでも無い限りネックの長さを変える事は難しいでしょう!

また、ボルトオンジョイントタイプのネックでも
大変でしょうがセットネックだと、
ギターを一旦解体するレベルの大工事となることから
どう考えても現実的ではありません。

次のチューニングの変更は弾きやすさ以前に、
運指や押弦するポジションが変わってしまうことも
ある為に現実的とは言えません。

ただ、弦の太さを変更するのは、
細かいことを省けば弦交換をする時に
別のゲージに張り替えるだけです。

今張っている弦よりも、
あまりに太すぎるまたは細すぎる場合は、
ナットの溝切りを変更しないと不具合が出る場合も
ありますが、ほとんどの場合は軽い調整でバッチリと
使用可能になる
でしょう!

太い弦、細い弦がサウンドに与える影響?

でも、それなら可能な限り細い弦を張れば良いのでは?
太い弦って何のためにあるの?と思いますよね?

弦の太さは先程も述べた通り、
テンション(張力)に影響を与えます。

当然の事ですが、
太ければ強く、細ければ弱くなります。

一般的な考え方ですが、
張力が強ければ強いほど音量は大きくなり、
音にハリが出るので高域がキレイに出ている様に聞こえます。

太い弦を貼ることで、
低音もクッキリと聞こえる事で太い音になったと
感じる場合もあります。

では、細い音は音が悪いのか?
と言うと必ずしもそういう訳ではありません。

張力が弱くなった場合は一般的に、
繊細な音に感じる事がありますので、
しっかりとニュアンスを出したい場合には良いと
言う意見もある様に結局はケースバイケースなのです。

結局どっちが良いの?

とは言え、まだ指の力が弱かったり、
押弦する事で指の皮がヒリヒリして長時間練習するのが
あまりに辛いという人は

しばらくの間は細いゲージの弦を張って、
ある程度、手が強くなってから太いゲージのサウンドを
試してみる事で自分の好みの音と演奏性とを
天秤にかけてお気に入りの弦を探してみるのが良いのでは無いでしょうか?

また、エレキを普段弾いている人が
アコギを弾くと指が痛いと感じる人が多いのですが、
普通の場合はアコギはエレキよりゲージが太いからなのです。

アコギは生楽器なのでエレキより
弦のゲージの変化が健著に現れますが、
この場合も、あまりに指が痛くて弾けないという人は
一番細いゲージの弦を選ぶか、
慣れるまでエレキ用の弦を張る人も今まで数人見てきました。

ちなみに私も元々、エレキギターから始めたので、
当初アコギを弾くのが苦痛で仕方が無い時期もありました。
ただ、やはりある程度慣れてくると、
ある程度太い弦でも、それほど苦戦せずに弾ける様になりました。

特にアコギの場合は、
太い弦のパワフルなサウンドはやみつきになりますよ!
とは言え優しいサウンドで繊細に爪弾くなら、
意外と細いゲージが似合うのかも知れませんね。

エレキギターの場合は弦のみでは無く、
機材や他の部分の調整で、ある程度のサウンドの修正は可能なので、
アコギと比較すれば細い弦が好きな人が多い傾向にあると思います。

ギター初心者の皆さんが演奏する事のストレスから挫折しない様に
何かのヒントになれば幸いです。



↓ブログランキング参加中!応援ポチしてくれると嬉しいです