エレキギターを初めて購入する場合に、
普通はあまり高価なギターから選択する人はあまり居ないと
思います。

最近ではギター単体だと1万円未満でセットでも1万円前後で、
購入できるショップもあるそうでギターを始めるには
良い時代になったものだと思います。

ただ、よほど高級なギターで無い限り、
ほとんどのエレキギターはセットアップがされていません。

また、場合によっては生音でもビビらない様に、
弦高が高めにセッティングされているケースが多いです。

何故なら生音でもビビっていると、
不良品だと言うクレームが入る事があると、
昔、楽器屋で働いている友人が言っていました。

私自身も初めてギターを購入したから見て欲しいと
言われた場合は大抵が弦高が高い場合が多いです。

ちなみに新品で10万円位で購入したと言っていた
大手メーカーのギターでも弦高は高めだった事もあります。

弦高の下げ方!

弦高を調整するのに必要なモノはサイズのあった六角レンチです。
楽器屋さんでもてに入りますが、
海外の製品は大抵がインチサイズで国産はミリです。

この六角レンチを使ってサドルのイモネジを回すことで
上げることも下げる事も可能です。

ストラトなどのシンクロ型でもテレキャスターなどの
ブリッジでも同じですが、










レスポールタイプなどに搭載されているチューンオーマティックブリッジの場合は、
サムナットをラジオペンチや素手で調整する事が出来ますが、
個別に弦高調整は出来ません。

弦高の変化でどう変わる?

では、弦高が高いと何がダメなのか?
と言いますと、ズバリ弾きにくく感じる事が多いのです。

それもそのはず高ければフレットや指板から弦が離れますので、
押弦する距離が遠くなり押さえる力が低い場合より必要になります。

では、低ければ低いほど良いのか?
と言うと、そういう訳ではありません。

弦高が低すぎると前述した通り、
弦がビリビリ言うビビリが出る状態になったり、
チョーキングした時に音が詰まったりするフレットが
出てきたりします。

また、下げすぎると基本的に音の張りが
無くなる傾向にあるので音と操作性の両方から
バランスを取ることが重要ですが、
初心者の場合には音がキチンとビビらずに出るが、
弾きやすくなれば良いと思います。

要するに、新品のギターは高すぎる傾向にあるので、
もう少しマシにすると言う考え方で調整するのが良いでしょう。

もちろん、弾けないフレーズは練習して根性で乗り切る、
という方法が必要な場合もありますが、
あまりに弾きにくいギターでは練習が捗らない事もあるので
検討してみましょう!

実際にギターが弾きにくいと言うことすら意識していなかった
人のギターの弦高をギリギリまで下げてあげると、
凄く弾きやすくなったと言う感想を貰うことが殆どです。

是非、お試しあれ!

ちなみに異様に弦高が高い状態で無いのに
弦がビビったり音が詰まる場合は
ネックの状態が正常でない場合が多いので、
リペアショップに見てもらうのが良いでしょう!

スポンサードリンク


↓ブログランキング参加中!応援ポチしてくれると嬉しいです