日本では子供の頃から音楽の授業では、
音階の名前をドレミファソラシドで学ぶのが一般的ですね?

割と勘違いしている人が多のですが、
ドレミファソラシドは実は日本語でもありませんし、
ギターを弾く場合の呼び方との違いに違和感を覚える事も
あるかも知れませんね?

今回は、一般的にロックギターや軽音楽的に
ギターを弾く場合の考え方について解説してみようと思います。

ドレミファソラシドのアルファベット表記!

シンプルなパワーコードやトライアドを演奏する時に
コードの名前は英語のアルファベットで表記されていますよね?

実はドレミファソラシドに当てはめると
以下の様になります。

ド レ ミ ファ ソ ラ シ
C D E  F   G A B

アルファベット順のAから考えると
ラからはじまっていることになるわけです。

ちなみに、この音階の事を
Cメジャー・スケールと言います。
この名称は音階の意味をそのまま示しており

  • C = Cから始まる
  • メジャー = 明るい響き
  • スケール = 音階

となる訳です。
ちなみにドレミファソラシドとは音階の名称と言うよりは、
音名の羅列ですね!

日本語で言い変えれば、



ド  レ ミ ファ  ソ  ラ シ
ハ ニ ホ へ  ト イ  ロ



となります。
ドレミファソラシドはイタリア語がベースと
なっている
みたいですよ。






音の世界観を決めるインターバルとは?

ちなみに、
スケールの雰囲気はインターバルで決まります。
専門用語だらけで、頭が痛くなるかもですが、

雰囲気とは今回で言う明るい響きの事です。
反対に暗い響きもありますし、インターバルを調節する事で様々な雰囲気を音階で表現出来るのですl

では、ギター上でインターバルをどう見るかと言いますと、
ギターの指板上のフレットは全て半音階に並んでいるのですが、
一フレットブリッジ側に進めば半音上がり2フレット進めは一音となります。

良くあるのは一フレットが一音として捉えられる間違いが
多いので気をつけましょう!

さて話を戻して、
メジャースケールのインターバルは、

ド-全-レ-全-ミ-半-ファ-全-ソ-全-ラ-全-シ-半-ド

となっています。
下記の図を見てもらいCから数えてみるとこうなっています。

ここの並びを変えることで雰囲気が違うスケールを作ることも
出来ますし始まりの音を変えればアルファベットが変更になるわけです。

ギターの場合ではコードはアルファベット表記が圧倒的に多く、
覚えておけば今後、音階を読む時にも、これを記憶しておくだけで非常に便利になります。

慣れ親しんだ音階の読み方であるドレミファソラシドを
忘れる必要はないですが、ギターを演奏する上では、
このアルファベット表記を多用することを頭に入れておきましょう!

スポンサードリンク


↓ブログランキング参加中!応援ポチしてくれると嬉しいです