ドレミファソラシドの正式名称であるCメージャースケールですが、
実はAから順にアルファベットで並べ替えると全く同じ構成音で、
Aマイナースケールになるのです。

要するに

Cメジャー・スケール

ド レ ミ ファ ソ ラ シ ド
C D E  F   G A B C

Aマイナースケール

ラ シ ド レ ミ ファ ソ ラ
A B C D E  F   G A

となる訳です。
ここで同じ音なのに何でスケールの名前が
変わるのかと言う疑問が沸いてくると思いますが、
その疑問を解消する為にまずは、
度数とインターバルで考えてみましょう!

Cメジャー・スケール

ド   レ  ミ  ファ   ソ  ラ  シ  ド
C   D  E    F  G    A  B  C
1   2  長3  4   5  6   長7  1
   -全-  -全- -半- -全- -全--全- -半-

Aマイナースケール



ラ  シ  ド  レ  ミ  ファ   ソ    ラ
A  B  C  D  E  F    G    A
1  2   短3  4  5  短6    短7    1
-全-  -半--全- -全--半- - 全- -全-

CメジャースケールとAマイナースケールは、
全く同じ構成音であっても、
この様にインターバルと各音の度数はこの様に変化します。








この事からAマイナースケールは、

  • A=Aから始まる
  • マイナー=暗い響きの
  • スケール=音階

となる訳です。
また、マイナースケールにはこの他にもありますので、
正確にはナチュラルマイナースケール又はエオリアンと呼ばれます。

ロックギターで良く使われるペンタトニックスケールの
基本もこの2つから出来ており、
過去の記事ではメジャーペンタトニックスケールは
ドレミファソラシドのファ(4度)とシ(7度)を抜いた事から
ヨナ抜きスケールとも言うことを解説しましたが、

マイナーペンタトニックの場合は、
ラシドレミファソから同じ音であるシとファを抜きますが
度数で言えば2度と短6度を抜くことになる訳です。

この様に一つのスケールを覚える事で
ギターの指板上では2つのスケールを覚える事が
出来る訳なのですが、内容としては度数が変わってくるので、
フレーズ作りには若干の違いが出てきます

この様に全く同じ構成音を持ちつつ、
はじまりの音が違う事でメジャーとマイナーに
置き換えることが出来る状態にあるものは、
平行調と呼ばれます。

今回は分かりやすい様に臨時記号(#・♭など)が付かない
Cメジャーを例に取りましたが、
もちろん、CメジャーとAマイナー以外にも

  • Dメジャーであれば、Bマイナー
  • Eメジャーであれば、C#マイナー
  • Fメジャーであれば、Dマイナー  など

それぞれ12音階に存在します。

メジャーの音から見れば、
3フレット下である1.5音分ナット側へ
マイナーから見れば、
3フレット上である1.5音分ブリッジ側へ
移動する事で発見する事が可能です。

平行調を理解することで、
スケールやコードの構成音や理解が更に深まりますね!

では、次回をご期待下さい。

スポンサードリンク


↓ブログランキング参加中!応援ポチしてくれると嬉しいです