Guitar player
J. Schreier

どうも、指1ギターです。
今回はギターの初心者セットって言う
周辺機器がパックになったモノが売っていますが、

一万円以下で安いと
やっぱりダメなのか?と言う問いに僕なりの
考え方を語りたいと思います。

と言うのも、うちのギター教室に
ギターに触ったことも無い人がギターを
購入する時に、ほぼ毎回聞かれるのが、

「あんまり安いとダメですよね?」

と言う質問です。
僕はいつも

「そんな事ないですよ!」

といつも返すのですが
その詳しい理由をまとめて述べてみますね!

安いギターでも全然OKな理由!

ちなみに今回はアコギでは無く
エレキギターの場合のお話
です。

アコースティックならギター本体だけで
演奏する事は可能ですし、

後はチューニングメーター位あれば、
独りで楽しむ分には全く問題無いでしょう!



エレキの場合はアンプやシールド等が必要なので
セットで買うのが価格の点ではお買い得なんです!

もちろん、狙っているギターメーカーや
アンプのブランド等を目当てで購入する場合は
価格もそれなりしてしまいます。

しかし、最初はブランドなんて気にしないけど、
あんまり安いモノってやっぱり
安かろう悪かろうって感じじゃないの?
って疑問に思う人が多いみたいなんです…。

ですが、ぶっちゃけてしまうと、
初めて買うギターは特に価格よりも自分の
フィーリングに合うかどうかでOK
だと僕は思います。

フィーリングに合うとは、
例えば、

  • 雰囲気

などの見た目を重視した方が良いと言うことです。
(もちろん、価格が許す範囲内ですが…)

例えば、好きなアーティストが弾いているのも
同じモデルならそれでも良いですし、
赤が好きだと言う人は赤いギターを選べば良いでしょう!

そんな選び方で良いの?
って言われたこともあるのですが、
初心者程ギター選びよりもまずはギターに慣れる事が
大切だと僕は考えます。

要するに飽きる前に、ある程度ギターの
楽しさが分かってしまえば挫折せずに済みますよね?

その為にはパッと目に入った時に、
何かしっくり来ないデザインだな…とか
見ただけでイラッとしてしまう様では困りますよね?(笑)

要するに自分の相棒として
隣に置いておきたくなる、又は最低限
モチベーションが落ちない事が重要です。






ちなみに、ギターマニアになってしまうと
壁に吊ったギターを眺めながら
お酒を飲むと美味しく感じる位に見た目にも
愛着が湧いてしまったりします!
(もちろん僕もですw)

 

高いギターとやっぱり違う?

体験レッスンでは定価で30万円する
フルラッカー塗装のヴァンザントの
ストラトキャスターと

中古屋さんで購入した
フェルナンデスのメイドインチャイナの
数千円のストラトを比較して
弾いてもらう事が多いですが

ほとんどの場合は、
価格を言わなければ違いを認識することが
出来ません。

ですが、何年か通って
ある程度弾けるようになった生徒さんだと
何となく違いが分かってくる様になる方が多いです。

細かい事を言えば高いギターって
やっぱり色んな面で優れているとは思うのですが、
細かい事はイイから取りあえず弾いてみたい!
ギタリストはこう言うノリが大切だと僕は考えます。

この事からギターを弾きたいと思ったら
一本目のギターはボロボロになるまで
引き倒してやろう!



位の意気込みで買える範囲のギターを
見た目で重視で選ぶ事を僕はオススメします。

もちろん、最初から自分の拘りの、ある人は
価格に左右されずに好みで選ぶのも有りですよ!

購入する事に悩むよりも
弾くことをはじめましょう!の精神です!

通販ならどこが安い?

今は通販で何でも安く買える時代で、
僕は良くAmazonを利用したりしますが
楽器に関しては、Amazonより利用頻度の高い
サイトがあるんです。

その名もサウンドハウス!

サウンドハウスは、様々な楽器や音響機器が
販売されていますが、脅威の低価格で
楽器通販業界では割りと有名です。

そのサウンドハウスのプレイテックなら
購入すればすぐに練習出来るこんなに豪華な
セットが

¥7,980(抜)¥8,618(込)

の衝撃の価格で入手する事が可能です。
ちなみに僕の生徒さんでも体験レッスンの時に
ギターを持っていない場合ならオススメしています。

実際に僕も触りますが
この価格なら納得のクオリティーです。

⇒サウンドハウスはこちら

スポンサードリンク


↓ブログランキング参加中!応援ポチしてくれると嬉しいです