ブラッシング

どうも、指1ギター管理人です。

今回は数あるギターテクニックの一つであるブラッシングについて、
解説してみようと思います。

ギター講師でもある管理人の経験上、意外と初心者ギタリストさんが
苦戦しやすく挫折の原因ともなる可能性のある壁の一つとも言える
「ブラッシング」のなのですが、軽快なカッティングを弾く上で必須のテクニックです。

出来る様になると、リズムギターを弾く上で大きなアドバンテージになる事はもちろん、
ミュート力の向上でリードギターや単音弾きにも良い影響
を与えます。

この記事ではブラッシングに関する細かいコツや種類、弾き方などを
幾つかの項目に分けて解説しています。

最終項目では練習用の譜面も幾つかありますので、
ブラッシングに少し自信がない初心者さん~ちょっと自信はあるけど
更に基礎をガッチリと固めたい中級プレーヤーさんなら
楽しめる内容になっていると思いますので、是非とも読み進めて
諦めずにモノにして欲しい所です。。

では、早速いってみましょう!

ブラッシングとは?

ブラッシングとは、ギターをミュートした状態でピンキングする事によって、
パーカッシブなゴーストノート的なサウンドを得る奏法です。

基本的にはミュートされた音を弾くので音程感が無いことが前提となっています。

タブ符や楽譜(譜面)では、下記の様にバツとして表記されます。

ブラッシング譜例

上下の譜面の違いの様な表記に関するわずかな違いが譜面作成ソフトや
MIDI打ち込みソフトなどでもあるようですが、基本的にはバツとして表記される事が
ほとんどです。

冒頭にも言いましたが、特にリズムギターを弾く上では必須のテクニックで、
カッティングを多様するプレイスタイルがやりたいなら必須テクです。

サウンド的にもクリーンでファンキーなカッティングだけでは無く、
軽く歪ませたクランチ系でポップスやロックでも多様されワウやファズをかました
サウンドでブラッシング混じりのカッティングでチャカポコ弾けば気分はジミヘンですね!
アコギ・エレキ両方でも多様され幅広いプレイスタイルにマッチします!

ブラッシングとカッティングの違い!

管理人はギターレッスンで生徒さんから、ブラッシングとカッティングの違いが、
良く分からないので教えてくれ!と言う質問を受ける事が多々あります。

この違いを説明するときに管理人は「ブラッシング」は「カッティング」を弾く上での
テクニックの一つだと答えます。

ちなみにカッティングとは和製英語で語源はカット(CUT)と言われていて、
音を切る動作が含まれるプレイ全般の事を指すと言われています。

管理人的にはカッティングとは、

  • 実質的にギターで音を出す場合には素直に弾くストローク。
  • 音を切る休符を表現するミュート。
  • タイなどで音を伸ばす為に使われる空ピッキング。
  • ミュートした状態の音を弾くブラッシング。

などを駆使することで特にリズムを強調したギタープレイ全般のことと
定義づけています。

要するにブラッシングはカッティングで使われる事が多いテクニックの一つとして
考えると分かりやすいのと考えています。

ブラッシングのやり方とコツ!

ここからは実際にブラッシングを弾く上で知っておくと良い知識を
細かくまとめてみました。

ブラッシングの種類

左手でのブラッシング

左手のブラッシング

上記の写真のように、左手の指を弦の上で浮かしミュートした状態でピッキングする事で
ブラッシング音を出します。

左手ブラッシングのメリットは、

この手法は特にバレーコード(セーハ)など鳴らす弦を全て押弦するのコードでは
非常にやりやすく、コードを押さえた状態でフッと力を抜くだけでミュートの状態になり、
ブラッシング音が楽に出すことが可能です。

コード・ブラッシング・ミュートをスピーディーに入れ替える事が出来るので、
テンポの早いフレーズにも対応しやすく一般的にブラッシングと言えば
この左手を浮かす手法が多く使われています。

もちろん、開放弦が含まれるコードでも可能ですが、
開放弦をミュートする動作がワンアクション増えますので少し演奏する上での
負担は若干、増えてしまいますね。

ローコードのブラッシング

例えば上記の画像のようにローコードのCをブラッシングする場合には、
開放弦をミュートする為に指を寝かしつつ小指まで総動員してミュートして
ブラッシングが必要ない時には指は元の状態に戻します。

右手でブラッシング

一方で右手でブラッシング音を出す方法ですが、右手でミュートをすると
ほぼ同時にピックを落とします。

画像で見てもらうと、

右手のブラッシング

上記の様に、小指の付け根から手首までの肉厚な「小指球」と呼ばれる
手刀にあたる部分で弦に触ることでミュートします。

ミュート状態になるとピックを落としてブラッシング音を出します。
この時に普通のストロークのように手首を返し過ぎると、ミュートが
解除されてしまうので注意が必要です

右手ブラッシングGIF

GIF動画にしてみると上記のようになります。

実は、この方法は手刀を勢いよく弦に触れるだけでも、
ブラッシング音に近い音が出るので、ピッキングの振りを大きく
し過ぎないのもキレイに弾くコツだったりします。

意外と慣れが必要なのですが、押弦したままでブラッシング音を出す事が
可能なのが大きなメリットと言えるでしょう。

ただ、この弾き方は左手でミュートする場合と違って、アップピッキングでの
ブラッシングが出来ません。

特にローコードや開放弦を含むコードを弾く時にブラッシングを混ぜたい時や
ダウンの時のみにブラッシングが入る割とシンプルなフレーズに向いている奏法だと
言えるでしょう。

管理人はアコギで弾き語りがしたい時などでリズムも適当に取り敢えず弾きたいと
思っったら2拍目・4拍目にアクセントとしてブラッシングを入れて、
この手法で弾くことが多いですね。

結局どちらを使えば良い?

ここまでの解説を見ると左手と右手のブラッシングどちらを使えば良いのか?
と迷う事もあると思います。

管理人がオススメなのは両方の手法をケースバイケースで
片方だけ使ったり複合的に使ったりと上手く使い分けるのが良いと思います。

また、可能な時には両方の手法を併用すれば、どちらかがミスしていても
カバー出来る可能性もありますね。

結論としては、フレーズによって使い分けるのが良いということになりますが、
とっさに出す為にはやはり両方のブラッシングの出し方をマスターしている方が
良いでしょう。

ブラッシングが出来ない人の特徴と対策

ここからはギターでブラッシングを弾こうとした時に、なかなか弾けない人の
傾向と対策をまとめてみました。

実際に管理人のレッスン内で見た事例やお問い合わせ頂いた内容も含まれています。

ピックがずれる

傾向:ピックを強く握りすぎ又は、右手と左手の力加減が完全に
リンクしてしまっている。

対策:

ピックを握る手に力が入りすぎてしまうと手首のスナップが効かなくなり
ピックが弦に引っかかりやすくなります。

初心者の場合は特にアップピッキングで引っかかってしまう傾向が
強いように感じます。

なので、右手に力を入れすぎないことが最終的な解決策ですが、
薄いピックを使うことで改善する場合もあります。

これは薄いピックを使うことで手首の柔らかな動きのかわりにピックが
しなってくれることでピックが引っかかりにくくなります。

ですが、薄いピックは厚いピックと比較して音量は稼げないなので、
最終的には厚めのピックでも握り込む力や手首のスナップをコントロール出来るように
なるのが理想ですね。

また、普段はそれほど右手に力が入っていなくても、
左手ブラッシングをする場合は力を入れたり抜いたりしているので、
右手もそれにつられてしまい力んでしまう場合もあります。
特に左手でガッシリとコードを押弦すると右手にも力が入りやすいですね。

この症状は簡単には治りませんしギタープレイに余裕が無いと
なかなか意識することも難しいので、テンポを落とした練習の繰り返しなどで
中長期的に改善することを目指すのが良いと思います。

ブラッシングで音が鳴ってしまう。

傾向:左手の力を抜き過ぎか入れすぎている。または力を入れるタイミングがズレている。

対策:親指に意識を集中することで改善する場合がありますl

指が弦をカバー出来ていない場合は、しっかりと指を弦に乗せましょうとしか
アドバイスは出来ないですが、

ブラッシングする弦の上に指がしっかりと乗せることが出来ている場合なら、

ブラッシング音 = 親指の力を軽く抜く。
音を鳴らす場合 = 親指の力を入れて締める。

を意識すると上手くいく事が良くあります。

人差し指~小指を弦から浮かしてやろうと指を動かすとついつい弦から
指が離れてしまう場合が良くあるみたいなので、思い当たる人は親指に意識を
集中してみましょう。

もちろん逆に力を入れすぎてしまうと音が鳴ってしまうので、
この場合は逆に親指の力具合や位置取りなどを見直してあげましょう。

ナチュラルハーモニクスの音が出てしまう

傾向:ハーモニクスが鳴るポジションのフレットの真上に指が真っ直ぐ触れている。

対策:まずは図解を見てみましょう。

ナチュラルハーモニクスポイント

ナチュラルハーモニクスのポイントは上記のように○○です。
特にポジションマークのある5、7、12フレットは特に鳴りやすいので注意が必要です。

このポジションでフレットの真上に指が乗っかってしまっている場合には
位置をズラすか、余った指を可能な限りミュートに使うことでハーモニクスの鳴りを
潰すことが出来ますね。

また、ミュートに空いている指を複数使うことでノイズも格段に減らせす事が
出来るので一石二鳥です。

ただ、ローポジション側はハーモニクスポイントが複数あり
ハーモニクスは出やすくなる上に歪みの深い音色でプレイすると、どうしても
キンキンとした耳障りなノイズが出やすくなります。

この場合は曲の方向性や雰囲気にもよりますが、あまり神経質にならずに
ハーモニクス的なノイズも音色の一部としてワイルドなサウンドを狙ったラフな
プレイと捉えてみても考良いケースもありますね。

何かのコピーやカバーなら原曲の雰囲気をしっかりと聴き込んでみるのも
良いでしょうしオリジナルのフレーズなら、曲の求めるフレーズの雰囲気を
意識してあげるのが良いでしょう!

ブラッシングの音が悪い

傾向:キレがなく音が悪い。

対策:ピッキングの速度を上げることで改善する場合があります。

ノイズもハーモニクスも出ていないのに何かキレが悪いというか
サウンド自体が気に入らないと感じる場合は手首のスナップを効かせて
ピックが弦の上を通る速度を上げることでシャープな音を出すことが可能となります。

ピッキングの速度が遅いと音がブツブツ、バラバラと聞こえてしまい
キレが悪く感じてしまいます。

もちろん、音作りそのものが悪い場合もありますが、いくら音を作り込んでも
気に入らない場合は右手の振り方を研究してみることで良くなることが
多々ありましたよ。

これはブラッシングだけの問題では無く、カッティングとして音が良くなる
ポイントとも言えますね。

練習課題

ここからは実際にフレーズを弾いてみて行きましょう。

右手を使ったベーシックなブラッシングフレーズ

右手ブラッシングはダウンピッキングでしか使えませんが、
様々なフレーズで使えるテクニックです。

8ビートのブラッシング譜面

EX-2はEX-1とコード進行は同じですが裏拍を強調したフレーズになっています。
右手ブラッシングを連続で弾くことに慣れるには良い練習ですよ。

EX-3はパワーコードのシンコペーションのフレーズです、
右手ブラッシングを弾いてミュート状態になっている間にコードチェンジをしてしまうと
楽に出来ますね。

EX-3に関しては左手のブラッシングも併用すると更にノイズは減りますよ。

左手ミュート必須の16ビートのフレーズ

16ビートのブラッシング譜面

EX-1はE7(9)コードを使ったファンキーなカッティングフレーズです。
1コードなので左手の力加減の練習には最適ですね。

余裕が出てきたら一小節目の4拍目のコードの音が2つ連なっている部分に
左手浮かしのスタッカートを入れてみてもクールですよ。

EX-2はやや、コード進行やフレーズが複雑なのでリズムを
しっかり読み込んで理解する必要がありますね。

リズムの読み方に、あまり自信が無い人は以下の記事を見てみることを
オススメします!ご興味ある方はどうぞ↓

⇒ギター初心者がリズム感を鍛える前に絶対必須の前提知識はコレ!

単音カッティングの練習課題

16ビートのブラッシング単音カッティング譜面

ブラッシングは単音カッティングでも使えます。
譜例はペンタトニックをベースにしたフレーズです。

最初は譜例のようにピッキングを小さく1弦づつ弾くのが良いと思いますが、
振りの大きいピッキングで弾くとワイルドなフレーズに早変わりします。

もちろん、鳴らしたい音以外は左手で大きくミュートしないといけないので、
初心者さんには少し難しいと思いますが、レッチリなどファンキーな
ロックバンド好きな人は是非とも習得して欲しいテクニックですね。

まとめ

如何でしたでしょうか?曲に彩りとグルーブ感を与えるブラッシングですが、
意外と細かいテクニックでマスターするにはそれなりの時間が必要だと思います。

ただ、ある意味で右手だけでは無く左手でもサウンドの演出が出来ると言う意味で
表現力は格段にアップする技だと言えるでしょう。

ブラッシングのテクニックは管理人も生徒さんに教える時には
非常に根気が必要だと感じていますが頑張った分だけモノにさえしてしまえば、
更にギターが楽しくなる技術だと感じています。

この記事に書いていない様な疑問や悩みがあれば是非ともお知らせ下さいね。
可能な限り答えを返せればと考えています。

特にカッティングを極めたいならブラッシングは避けて通れない道なので
リズム命のギタリストは是非ともマスターして欲しい所ですね!

ではでは、この記事があなたのギターライフの向上の助けになれば幸いです!
また、会いましょう。

↓関連記事↓

⇒ギター初心者がリズム感を鍛える前に絶対必須の前提知識はコレ!

パワーコード表一覧| 押さえ方のコツと弾き方を徹底解説!

ギター初心者向けコード表ダイアグラム一覧まとめ!最短の覚え方はコレ!

【簡単】ギター初心者がコード表の前に覚えるべき重要事項がコレ!

⇒ギター初心者がコードチェンジ練習を効率化する5つの秘策!



↓ブログランキング参加中!応援ポチしてくれると嬉しいです