リズムギター

どうも、指1ギター管理人です。

今回はギター初心者がリズム感を
鍛える前に覚えてほしい必須の前提知識について、
解説しようと思います。

僕の生徒さんの中でも、
「自分はリズム感が無いから…」
と言うギター初心者は実は非常に多いです。

ですが、僕のギター講師経験から
所謂「リズム音痴」と言う人には
実は出会った事がありません。

恐らく民族音楽などの持つ
独特のリズム感の話と
リズムを読む上で最低限必要な
知識の不足とが、ごっちゃになってしまっている
印象だったので、

リズム感を鍛える前に
これだけ知っておけばリズム音痴は
あり得ないと分かる知識をまとめておきました。

大抵の場合はリズム感が悪い良いの前に
リズとは何なのか?が
分かっていないだけで分かってしまえば
なんてことは無い場合が多いですよ!

ではでは、早速いってみましょうか♪

音符を理解する!

全音符2分音符4分音符ピラミッド

リズム感を鍛える前に最低限必要な
基礎知識として「音符」を理解してもらう為に
上記の図を見て下さい。

音楽を演奏する事をしない人でも
良く曲のはじまりに、

「ワン、ツー、スリー、フォー」

と数える事があると思いますが、
実は、これは4分音符を一つづつ
数えている事になります。

この4分音符を1として考えると
分かり易いと思いますが、

4分音符2つ分の長さが2分音符

その倍である、
4分音符4つ分の長さが全音符呼ばれます。

ちなみに4分の4拍子の
一小節が全文の長さなので全音符で、
2つ入るから2分音符、4つ入るから4分音符です。

数字が大きくなるほど、
音符の長さは時間軸的には短くなります
ので、
覚える時には注意をしましょう!

更に4分音符以下は、
一小節に8個入る8分音符や更に倍の
16分音符までを取り敢えず覚えておけば
最初は良いでしょう。

4分音符8分音符16分音符ピラミッド

もちろん、更に32分音符・64分音符など
理屈の上では幾つでも細かく音符を
作っていく事は可能ですが、

ギター初心者は16分音符までの
図の様なピラミッドを暗記してしまいましょう!

付点音符とは?

付点音符
全音符~16分音符までの音の長さを
何となくで良いので覚えたら、
次は付点音符について考えてみましょう!

付点音符とは、図の様に、
これまでの音符の右横に黒い点が
ついた音符の事です。

この付点音符は、
テンポ毎に絶対的な長さを示した
これまでの音符とは違って、

付く音符毎に相対的な長さの変わる
リズム表記なんです。

どういう事かと言いますと、
シンプルに言ってしまえば

自分よりも一つ小さい(短い)音符を足
した長さを示す。

付点音符の長さ

図にまとめると上記の様になると言うことです。

例として4分音符に付点がつけば、

付点4分音符 = 4分音符 + 8分音符

となります。

先程の項目の様に4分音符を1と考えれば、
8分音符は「0.5または1/2」となり、
付点4分音符は「1.5分音符」みたいになりますが、
そう表記すると、かなり見難くヤヤコシイですよね?

付点をつける事で楽譜上の
リズム表記がスッキリする訳なんです。

また、8分音符を1と考えれば、

付点4分音符 = 8分音符が3つ

とも考える事が出来ます。
どちらも音の長さという意味では同じです。

この事から例えば

付点とタイ表記

上記の図の様にタイで繋いだ場合でも、
複付点で表記した場合でも同じ長さを示します。

8ビートの読み方

エイトビート読み方

エイトビートとは8分音符が基準になった
リズムの事です。

ロックなジャンルのリズムでは頻出のリズムですが、
注意が必要なのは表拍と裏拍の読み方です。

図の様に表拍は4分音符で数える事が出来る部分を指し
数字で読みます。

裏拍は数字の裏側に位置する音符の事で、
+(ト)または&(アンド)で読みます。

イチトニィトサントシィト

または

ワンエンツーエンスリーエンフォーエン

と読みます。
僕は「イチトニィト」で読むことが
多いですが、どちらでもOKです。

また、ストロークで演奏する場合に
ダウンアップのピッキングを相互に弾く
オルタネイトピッキングだと、

ダウンが表拍、アップが裏拍となると
考えると分かりやすいと思います。

特に日本人は、この裏拍を取るのが非常に
苦手な人が多いと言われていますが、
演歌や民謡・盆踊りなど表拍重視のリズムの
音楽に慣れ親しむ機会が多いからだと言う説も
ありますが、真相は不明です。

リズム譜の8個の8分音符を
弾く場合に、

1+2+3+4+

と数えながら弾くことで、
エイト・ビートへのリズムの理解は、
頭では無く体に覚えさせる事が可能です。

シンコペーションとストロークの読み方!

空ピッキングとシンコペーション

上記の図の様に、
ピッキングのダウンアップの指定を
している場合もあります。

これに関しては、ある程度のリズムを
理解しているなら絶対に従わないといけない
訳では無いですが、
初心者は素直に指定通り演奏するのが無難です。

カタカナの「コ」の字をひっくり返した様な
記号がダウンピッキングで、
「V」の様な記号がアップピッキングです。

また今回の画像の様なリズムは
シンコペーションと呼ばれるリズムです。

シンコペーションとは、
裏拍から表拍をタイで繋ぐことで、
裏拍が強調された様なリズムで、
疾走感が増した様な効果があります。

シンコペーションの場合、
タイで繋がれたダウンピッキングは
空振りを弾くことでダウンアップの順番が
逆転せずに規則正しくストロークすることが出来ます。

この空振りを空ピックまたは
空ピッキングと言い、
その部分を()で囲ってしまう表記を
する場合があります。

アップピッキングが二連打と考えても良いですが、
リズム的には、しっかりと空振りを入れる事を
意識することでリズム感良くプレイ出来る事が多いです。

この空振りを意識しているか
どうかで様になったリズムプレイに
なるかの分かれ道でも、あるので特に注意すると
良いですよ!

16ビートの読み方

16ビート読み方

エイト・ビートの倍の数が一小節に入る、
16分音符をリズムの基準とした、
16ビートでの読み方は更に複雑になります。

図の様に

1 ・e ・& ・a
ワン・イー・エン・ダ

と発音しながら読む事が多いです。

もちろん、

イチニーサンシ、ニーニサンシ…

という読み方でもOKですが、
ワン・イー・エン・ダの読み方の方が
早くなった時にも口を動かす量が減らせるので
オススメです。

ちなみにエン(&)の所は、
8分音符の裏拍と同じ位置になっています。

要するに先程のエイトビートを
全てダウンピッキングで弾いた場合に
その間に入るアップピッキングの部分こそが、
16ビートの場合の裏拍になる訳です。

エイトビートの場合は一拍に
裏拍が一回しか無いですが、
16分音符だと2回裏拍が来るので、
エイトビートよりしっかりと数えながら
弾くことはより複雑だと言えるでしょう!

まとめ

如何でしょうか?
リズムは生まれ持ったセンスと
言うよりもリズムへの理解が
如何に重要か分かって頂けたでしょうか?

リズムをしっかりと演奏する為には、

  • 全音符~16分音符までのピラミッドは丸暗記!
  • ダウンアップをしっかり守りリズムを数えながら弾く!
  • エイトビートは1+2+3+4+と数える!
  • 16ビートは1e&a(ワンイーエンダ)…で数える!
  • 空ピッキングをしっかり弾く!

以上の5つをしっかりと考えながら
弾ける様になればリズム音痴からは脱する事が
出来るでしょう!

ギターを弾く上でリズム譜が理解出来て
読める様になることは五線譜を読む事よりは、
役立つ事が非常に多いです。

最終的にはリズムを見れば、
何となく体が勝手に動く様になるのが、
理想的ですが、その為には最初は
しっかりと頭で考えて数えながら引く習慣を
つける事が実は最短の近道です。

ギターだけでは無く音楽を演奏する上で、
リズムはとても奥が深く様々なトレーニング方法が
ありますが、ギター初心者は、まずコレだけ
しっかり覚えてしまいましょう!

今回は書ききれなかった、
3連符系のシャッフルビートについて、
詳しくまとめた記事に興味がある方は
以下よりどうぞ!

⇒シャッフルビートを理解しよう!



↓ブログランキング参加中!応援ポチしてくれると嬉しいです