以前、トライアド(3和音)の考え方を解説しましたが、
今回は更に音をもう一つ積み上げたことで更にカラフルなサウンドが
得ることが出来る4和音のコードについて考えてみましょう!

トライアドの場合

ド ミ ソ
1 3 5

という風に一つ飛ばしの音を積み上げていましたが、
更にもう一つ音を飛ばしたシの7番目の音を積み上げます。

おさらいとしてトライアドには、

  • メジャーコードは長三度(ミ)
  • マイナーコードは短三度(ミ♭)

という風に3度が違う二種類のコードが基本手にはありました。
今回の7度の音にも実は二種類あります

2つのセブンス

普通のシの音は長7度でコード表記としては、
△7またはM7と表記されます。

例えば

ド ミ ソ シ
C E G B

のコード名はC△7と表記され、
Cメジャーセブンと呼ばれます。

では、もう一つの7度はと言いますと、
シを半音下げたシ♭であり短7度の事を指します。
短と言うことはm7thなので、



ド ミ ソ シ♭
C E G B♭

なら、Cm7と表記されると考えるかも知れませんが
実は違います!
正しくはC7と表記されます。

7度に関してはmの表記を省略するので覚えておきましょう!
ちなみに3度の場合は逆でメジャーの場合は△またはMは省略され、
マイナーの場合にmと表記するので逆になる訳です。

少し分かりづらいかも知れないので、
このコード表記のルールを、まとめると

  • 長3度の場合は△またはMは表記しない
  • 長7度の場合は△またはMを表記する
  • 短3度の場合はmは表記する
  • 短7度の場合はmを表記しない

となります。
ついでに7度を含むコードの構成音と表記もまとめると、






C△7 = ド ミ ソ シ
       C E G B

C7  = ド ミ ソ シ♭
      C E G B♭

Cm7 = ド ミ♭ ソ シ♭
       C E♭ G B♭
Cm△7= ド ミ♭ ソ シ
       C E♭ G B

となるわけです、
Cm△7は複雑な表記に感じるかも知れませんが、
短3度なので基本的には暗い響きのマイナーコードであり、
長7度を含んでいるコードであると言うことなのです。

なるほど4和音は音には7度があり二種類あるんだな!
と理解できた所で、もう一つの4和音である
6度のコードについても解説してみましょうか?



シックスコード

6度とは、

ドレミファソラシド、
C D E F G  B C
1 2 3 4 5    7   1

ラであるAの音の事を指します。
この場合にはシとシ♭がある7度とは違い、
ラのみしか選択されません。

なのでコードは

C6 = ド ミ ソ ラ
     C E G A

Cm6= ド ミ♭ ソ ラ
     C E♭ G A

となる訳です。
他にも、もう少し複雑な音の積み方をする場合も
ありますが、トライアドから知識を広げる意味で、
今回はこれまでにしておきましょう。

もっと複雑なコードは機会があれば、
記事にしてみようと思います。
音楽理論的には、この様に音が積み上がっていますが、

ギタリストは頭でっかちになりすぎずに、
コード名とフォームがパッと頭に浮かんで押さえる事が
出来る様になってから理解を深める位でも問題ありません。

また、音楽理論は一度見ても何となくしか
分からなかった場合でも、しばらく時間を置いてから
全く同じことを学んでみると更なる理解が深まる事も多々あります。

なので、今回の記事がイマイチ理解出来ない場合にも
あまり気にせず、また気が向いたら学んでみようと言う位に
気楽な心構えで音を楽しみましょう!

スポンサードリンク


↓ブログランキング参加中!応援ポチしてくれると嬉しいです